「ラ・ヨローナ 泣く女」のストーリー

1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子どもの母親が、不吉な警告を発する。しかし、それを無視したソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カデリーニ)と彼女の子どもたちは、ほどなくして女の”泣き声”を耳にする。その日を境に、数々の恐ろしい現象に襲われることとなった家族は、教会に助けを求める。だが、そこで明らかになったのは、呪われたすすり泣く女”ヨローナ”の存在だった……。かつて、村一番の美人と謳われた女性がスペイン人と恋に落ちた。やがて2人は子どもを授かり、幸せな毎日を過ごしていたが、ある日、男は妻を捨て、裕福なスペイン人女性のもとへ去って行った。この裏切りで嫉妬に狂った女は、夫が最も愛する我が子を溺死させてしまう。我に返って後悔と苦しみの末、女は泣きながら自らも川に身を投げる……。それが”ヨローナ”だった。そしてヨローナは今も我が子を探し、彷徨い続けていた。その”泣き声”が聞こえたら、終わりの始まり。ヨローナは、水のある場所に現れる。プールやバスタブはもちろん、トイレでさえも……。果たして、アンナたちは、逃げ場のない恐怖から逃れることができるのか……。

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?