「金鉄の誓」のストーリー

一成功しようと西部から可愛い息子を連れてシカゴへ来たサム・ガードナーは都へ来る早々悪者の奸策にかかり所持金残らず取られてしまった。彼は詮方なく男らしくあきらめて、息子いとしと暮らすうちに賭博者キティーと知合いになった。キティーは情婦の事から親方のジェークと争い、サムの忠告を聞かず殺人を犯してしまった。ところが彼を引取りにいったサムに疑いがかかりサムは警察に拘引され厳しい調べをしけたが間もなくキティーの自白によりサムは晴天白日の身となった。此の間、サムと同じ下宿屋にいるフロリーという女は親切に彼の愛子の世話をしてくれ、又彼の放免に就いても一方ならず尽力してくれた。彼は此心優しい乙女に、母なき我子の母となる事を相談したのだった。