「給料日」のストーリー

労働者になったチャップリンは給料日に貰った金で夜更迄飲酒し、終電車からは降り落とされるし散々な目に遇って夜の明け方頃漸く家に辿り着き、細君の気配を伺いながらする事なす事、それが皆悲しい痛ましい悲劇となる。