ミッドナイト・ファミリー

みっどないとふぁみりー MIDNIGHT FAMILY
上映日
2021年1月16日

製作国
アメリカ メキシコ

上映時間
81分

ジャンル
社会派 ドラマ

ここが見どころ

メキシコの民間救急救命事業に迫るドキュメンタリー。公共の救急車不足を背景に救急車ビジネスを営むものの、汚職警官に闇営業を取り締まる名目で賄賂を要求され追い詰められていくオチョア家族を通し、メキシコの医療事情や行政機能の停滞を浮き彫りにする。監督は、Netflix『ラスト・チャンス』シリーズに参加しているルーク・ローレンツェン。サンダンス映画祭2019米国ドキュメンタリー・コンペティション部門撮影賞受賞。2020年1月、46分の短縮版がNHK BS1にて放映された(タイトル『真夜中の家族 ~密着 メキシコ民間救急車~』)。

「ミッドナイト・ファミリー」のストーリー

メキシコの首都メキシコシティ。人口900万人ながらこの街には公共の救急車が45台未満しかなく、そのために専門訓練もほとんどなく認可も得ていない営利目的の救急隊という闇ビジネスが生まれている。オチョア家族もそんな私営救急隊のひとつ。オクラホマ から 中古の救急車を購入し、1990年代末から無許可の救急救命ビジネスを営んでいる。警察関係のネットワークを使い、1件につき300ペソ(17米ドル)の賄賂を支払っていち早く事故の情報を入手。公営の救急車がまったく来ず重症の患者が何時間も待たされるようなとき、オチョア家族が現場に駆け付け、運よく現場に一番乗りできれば、患者に病院への搬送料として3,800ペソ(185米ドル)を請求。これまでの20年間、陽気で気さくなオチョア家族はこの道で生活を支えてきた。無力な患者に支払いの強要をしたり、危篤の患者であろうと支払い能力がなければ搬送を拒否したりするような多くの競合救急事業者とは異なり、オチョア家族はどちらかといえば信頼のおける例外的な救急隊だ。患者が支払いに応じた場合にのみ料金を請求し、手当てもなく放置されるような患者でも時間を惜しまず救助にあたっている。違法で暴力的なやり方に手を染める私営救急事業者がいる中、地元警察は個人経営の救急隊を管理する法の強化に注力せず、私営業者をターゲットに賄賂を要求。たった一つの生活の糧である救急車を失いかねず、オチョア家族は救急車の正式な認可を得るために必要な金を何としても稼がなければならなくなる。しかし警察はさらに高額な賄賂を要求。患者の救助と生活を支える稼業の先行きとの間で板挟みになったオチョア家族は、他の事業者のように強引で私利的な仕事のやり方に走らざるを得なくなっていく……。

「ミッドナイト・ファミリー」の映像

「ミッドナイト・ファミリー」の写真

「ミッドナイト・ファミリー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ミッドナイト・ファミリー」のスペック

基本情報
ジャンル 社会派 ドラマ
製作国 アメリカ メキシコ
製作年 2019
公開年月日 2021年1月16日
上映時間 81分
製作会社 Hedgehog Films=No Ficcion
配給 MadeGood Films
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ステレオ
公式サイト https://www.madegood.com/ja/midnight-family/
コピーライト (C)Family Ambulance Film LLC

「ミッドナイト・ファミリー」のみんなのレビュー

「ミッドナイト・ファミリー」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。