フード・ラック!食運

ふーどとらっくしょくうん
上映日
2020年11月20日

製作国
日本

上映時間
104分

ジャンル
コメディ ドラマ

ここが見どころ

芸能界屈指の食通であるお笑いタレント、寺門ジモンが“食”をテーマに初監督に挑む異色作。下町の人気焼肉店・根岸苑を切り盛りする安江。一人息子・良人の毎日の楽しみは、母の手料理を食べることだったが、ある事件がきっかけで店は閉店、良人は家を飛び出す。出演は「HiGH&LOW」シリーズのEXILE NAOTO、「累 かさね」の土屋太鳳。

「フード・ラック!食運」のストーリー

良人(EXILE NAOTO)の母・安江(りょう)が、ひとりで店を切り盛りしている焼肉店『根岸苑』。そこは、他界した夫が遺した唯一の形見であった。一人息子を育てながら、愛情込めた手料理をふる舞うことが安江にとって幸福な時間であり、良人も母の美味しい手料理を食べることが何よりも至福の時だった。長年、人々に愛されてきた根岸苑だったが、人気グルメ評論家・古山(松尾諭)が書いた事実無根の記事をきっかけに客足は激減。少しずつ活気が戻り始めた頃、忙しく働き続ける安江に構ってほしい一心で起こした良人の行動により、安江は店を閉じることを決意する……。それから18年。家を飛び出した良人は、うだつのあがらないフリーライターとして自堕落な生活を送っていた。そんなある日、良人は編集者・竹中静香(土屋太鳳)とともに“本物”だけを集めた新しいグルメ情報サイトの立ち上げを任される。第一弾のテーマは因縁の“焼肉”。引き受けることを決めた良人だったが、突如疎遠になっていた安江が倒れたとの報せが届く。病床の安江に会う覚悟が出来ないまま、取材で訪れた名店の先々で懐かしい根岸苑の味と出逢う良人。食を堪能し、人との繋がりの中で母の想いを知り、良人の中で何かが変わってゆく……。

「フード・ラック!食運」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「フード・ラック!食運」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年11月20日
上映時間 104分
製作会社 松竹(制作プロダクション:ギークサイト)
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
公式サイト https://movies.shochiku.co.jp/foodluck/
コピーライト (C)2020 松竹

「フード・ラック!食運」のみんなのレビュー

「フード・ラック!食運」のレビューを書く