望み

のぞみ
上映日
2020年10月9日

製作国
日本

上映時間
108分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

雫井脩介による同名サスペンス小説を「人魚の眠る家」の堤幸彦が映画化。妻と2人の子供たちと平和に暮らす一級建築士の石川一登。ある晩、高校生の息子・規士が帰宅せず、連絡も途絶えてしまう。そんななか、規士の同級生が殺害されたというニュースが流れる。出演は「決算!忠臣蔵」の堤真一、「マチネの終わりに」の石田ゆり子。

映画専門家レビュー

  • フリーライター

    須永貴子

    切り出しナイフとともに行方不明になった息子は、殺人事件の加害者なのか? それとも被害者としてすでに死亡しているのか? 真相が曖昧な状態が続くことで、胃が痛くなるような緊張感が伝わってくるが、それは原作と俳優の力だろう。ニュースバリューのある事件にハイエナのように群がる報道陣や、空気のコンセンサスが取れた途端に始まる嫌がらせなど、“世間”の描き方があまりにもステレオタイプで既視感の嵐。手堅くまとめてはいるが、映画としての新鮮味や輝きがない。

  • 脚本家、プロデューサー

    山田耕大

    原作は読んでいた。映画になるだろうと思っていて、期待もしていた。監督も脚本家も押しも押されぬ名人。大人の対応をしているなと思った。コンプライアンス的にもハナマルだろう。同級生殺人事件に長男が関わっているらしいが、詳細はわからない。息子が被害者であっても殺人者であってほしくはないと望む父親と殺人者であっても生きていてほしいと望む母親。二人の望みがぶつかり火花を散らし、夫婦に決定的な亀裂が走る……ことはなかった。いい映画だとは思うんだが……。

  • 映画評論家

    吉田広明

    本作の作劇の肝は、行方不明の息子が加害者なのか被害者なのか分からない宙づりの時間にある。そこに世間の悪意が入り込み、母親の心の隙を狙ってジャーナリストが介入、父母の間を分断する展開も生じる。凶器かもしれなかったナイフを父が発見し、そこから彼が息子の無罪を確信、その途端に事態は急激に変化を迎えるのだが、ナイフのありかに意外性もなく、この発見を遅らせていることに映画の肝があるとなると、一緒に発見されたメモで感動させるのも目眩ましに見えてくる。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年10月8日に投稿
    92
    • 手に汗握る
    • 感動的な
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「望み」のストーリー

一級建築士の石川一登(堤真一)と校正者の妻・貴代美(石田ゆり子)は、自らデザインを手掛けたスタイリッシュな邸宅で、高校生の息子・規士と中三の娘・雅と共に平和に暮らしていた。しかし、規士は怪我でサッカー部を辞めて以来、遊び仲間が増え無断外泊が多くなっていた。そんなある晩、規士は家を出たきり帰宅せず、連絡すら途絶えてしまう。一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、規士の同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察によると、規士がその事件へ関与した可能性が高いという。行方不明者は3人。そのうち犯人とみられる逃走中の少年は2人。息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。果たして規士は犯人なのか……。

「望み」の映像

「望み」の写真

「望み」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「望み」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年10月9日
上映時間 108分
製作会社 映画「望み」製作委員会(制作プロダクション:角川大映スタジオ=オフィスクレッシェンド)
配給 KADOKAWA
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
公式サイト https://nozomi-movie.jp/
コピーライト (C)2020「望み」製作委員会

「望み」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年10月8日に投稿
    92
    • 手に汗握る
    • 感動的な
    • 考えさせられる

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?