さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならのあさにやくそくのはなをかざろう
上映日
2018年2月24日

製作国
日本

上映時間
115分

ジャンル
ファンタジー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「心が叫びたがってるんだ。」の脚本を務めた岡田麿里の初監督となるアニメ。10代半ばで外見の成長が止まり数百年生き続け、“別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の少女マキア。メザーテ軍に襲われ、帰る場所を失ったマキアは、親を亡くした赤ん坊と出会う。声の出演は、TVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』の石見舞菜香、「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の入野自由、『ガールズ&パンツァー』シリーズの茅野愛衣、『進撃の巨人』シリーズの梶裕貴。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」のストーリー

人里離れた土地に住むイオルフの民は、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らしていた。“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされている彼らは10代半ばで外見の成長が止まり、数百年の寿命を持つ。両親はいなくとも仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごすイオルフの少女マキア(声:石見舞菜香)は、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。ある日、イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨ったメザーテ軍が攻め込んでくる。イオルフ一番の美女レイリア(茅野愛衣)はメザーテに連れ去られ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリム(梶裕貴)は行方不明となる。何とか逃げ出したものの、仲間も帰る場所も失ったマキアは、虚ろな心で暗い森をさまよっていた。そこで親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊と出会う。赤ん坊だったエリアル(入野自由)は少年へ成長していき、マキアは時が経っても少女のまま。時代が変化するなか、二人の絆は色合いを変えていく……。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「さよならの朝に約束の花をかざろう」のスペック

基本情報
ジャンル ファンタジー ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018年2月24日
上映時間 115分
製作会社 バンダイビジュアル=博報堂DYミュージック&ピクチャーズ=ランティス=P.A.WORKS=Cygames(アニメーション制作:P.A.WORKS)
配給 ショウゲート
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://sayoasa.jp/
コピーライト (C) PROJECT MAQUIA

「さよならの朝に約束の花をかざろう」のみんなのレビュー