トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

とらんぼはりうっどにもっともきらわれたおとこ TRUMBO
上映日
2016年7月22日

製作国
アメリカ

上映時間
124分

ジャンル
伝記 ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

偽名で「ローマの休日」などの脚本を執筆し、アカデミー賞を2度も受賞したダルトン・トランボの生涯を描いた伝記ドラマ。“赤狩り”の嵐吹き荒れる1950年代、下院非米活動委員会への協力を拒否したトランボはハリウッドを追放されるが……。トランボを演じたブライアン・クランストンが、アカデミー賞候補となった。共演は「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」のダイアン・レイン、「黄金のアデーレ 名画の帰還」のヘレン・ミレン、「マレフィセント」のエル・ファニング。メガホンを取ったのは、「奇人たちの晩餐会 USA」のジェイ・ローチ。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    佐々木敦

    映画史的な知識としては知っていた筈の話でも、こうして生身の役者たちによって熱を込めて演じられると、あらためて事実の重みに震撼せざるを得ない。トランボ役のブライアン・クランストンが素晴らしい。クレジットを見るまでわからなかった妻のダイアン・レインも。信念を貫くとは如何なることかを黙々と丁寧に描いた監督の誠実さにも惜しみない賞讃を送りたい。こんなに胸が熱くなった映画は久しぶり。しかしこれを見てますますコーエン兄弟が何を考えてるのかわからなくなった。

  • 映画評論家

    那須千里

    裸でバスタブに浸かりながら執筆するトランボの姿が強烈だ。電話も灰皿もすべてその中から手の届くところにある。バスルームが彼の書斎だった。それが生前のトランボのスタイルを再現したカットであることは、後に出てくる本人の写真が物語っているが、フィクションとしては口惜しいほどにビジュアル映えすると同時に、長らく日の目を見ることができなかった彼の苦境が、ユーモラスな味わいの後からじわじわと染みてくる。ジョン・グッドマンの振り切れた好演も感動レベル。

  • 映画評論家

    山口剛

    ハリウッドの赤狩りという歴史的政治的事件を、一作家の家庭に絞って描くという意図は成功している。最後にトランボ本人が終始支えてくれた家族、特に娘に対し述べる謝辞は感動的だ。彼らの団結に大きな亀裂を与えた、カザンやオデッツ、ドミトリクの証言には触れず、友好的証人として、ジョン・ウェインとE・G・ロビンソンしか出さないのは、いささか疑問だが、赤狩りの問題は今後もなお語られるべきで、このような作品が作られるアメリカ映画界の土壌には敬意を表する。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のストーリー

第二次世界大戦後、共産主義排斥活動“赤狩り”が猛威を振るうアメリカ。その理不尽な弾圧はハリウッドにも飛び火し、売れっ子脚本家ダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)は、議会での証言拒否を理由に投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族の元に戻ったものの、すでにハリウッドでのキャリアを絶たれた彼には仕事がなかった。しかし、友人にこっそり脚本を託した「ローマの休日」に続き、偽名で書いた別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、再起への歩みを力強く踏み出す……。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記 ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016年7月22日
上映時間 124分
配給 東北新社 Presented by スターチャンネル
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://trumbo-movie.jp/
コピーライト (C)2015 Trumbo Productions, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」のみんなのレビュー




「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」を観ているあなたにおすすめの映画