残穢 ざんえ 住んではいけない部屋

ざんえすんではいけないへや
上映日
2016年1月30日

製作国
日本

上映時間
107分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美のドキュメンタリー・タッチのホラー小説『残穢』(新潮社・刊)を、「白ゆき姫殺人事件」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督が映画化。あるマンションの一室で起こる奇妙な音の調査に端を発し、かつての住人たちが次々と事件を起こしていること、そして恐ろしい過去が浮かび上がってくる。事件を追う小説家を「ストロベリーナイト」の竹内結子が、部屋の住人である女子大生を「さよならドビュッシー」の橋本愛が演じるほか、モデル出身の坂口健太郎、「るろうに剣心」シリーズの滝藤賢一、「超高速! 参勤交代」の佐々木蔵之助らが出演。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上島春彦

    星が増えたのは、私が雑誌『幽』の大ファンだから。原作者の夫婦作家に加え、平山氏、福澤氏っぽいキャラまで現れて「まいりました」と言うしかない。手法としては投稿実話怪談を模した古典的スタイル。エピソードがエピソードを呼ぶ「呪怨」風、あるいは「フィッシュストーリー」風とでも。生き埋め炭鉱夫の怨みを描いて、亀井文夫のある作品に通ずるところもある。呪いが感染する日本近代史。ただ主演の橋本愛が死ぬほど怖い目に遭うわけじゃない、これが不思議。ほどほどなんだね。

  • 映画評論家

    北川れい子

    ノンフィクション仕立ての小野不由美の原作は、奇妙な現象が繰り返し起こる場所や空間を、過去にまで遡って克明に追求していたが、正直、あくまでも活字による怪談話、読んでいて怖くなることは全くなかった。それだけに怨念や因縁もからむ原作をどう映画化するか期待したのだが、〝音〟と何者かの〝動き〟の見せ方は成功しているものの、超常現象を謎解きしたりの理詰めの部分が凡庸で、得体の知れない恐怖だけでグイグイ押してほしかった。で、思った。一番怖いのはやっぱり、人間。

  • 映画評論家

    モルモット吉田

    因縁の連鎖は戦前旧家の奥山家一家皆殺しという横溝的な世界にまで至るが、その長い時間と闇を取材対象者から丹念に聞き取る過程を中村義洋が撮ることで凡百の怪談映画と一線を画する。何せ『ほんとにあった!呪いのビデオ』シリーズの監督だけに近年の作品には首を傾げることも多かったが原点回帰である。橋本愛のごく普通な女子大生ぶりや、「はやぶさ」と同じく眼鏡をかけると異様に地味になる竹内結子も本作には相応しい。因縁と言えばこの会社が配給で「奥山怪談」とはね……。

「残穢 ざんえ 住んではいけない部屋」のストーリー

小説家である私(竹内結子)のもとに、読者の久保という女子大生(橋本愛)から住んでいる部屋で奇妙な音がすると記された手紙が届く。好奇心から彼女とともに調査に乗り出したところ、かつて住んでいた人たちがこのマンションから引っ越していった後、自殺や心中、殺人といった事件を引き起こしていたことがわかる。やがて恐ろしい真相にたどり着いた二人もまた事件に巻き込まれてしまう……。

「残穢 ざんえ 住んではいけない部屋」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「残穢 ざんえ 住んではいけない部屋」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016年1月30日
上映時間 107分
製作会社 2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
配給 松竹
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://zang-e.jp/
コピーライト (C)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

「残穢 ざんえ 住んではいけない部屋」のみんなのレビュー

「残穢 ざんえ 住んではいけない部屋」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。