ザ・ドア 交差する世界

ざどあこうさするせかい The Door
上映日
2014年2月1日

製作国
ドイツ

上映時間
101分

ジャンル
SF サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

謎の扉の奥に別の世界を見つけた男の過酷な運命を描くドイツ産SFサスペンス。アキフ・ピリンチの原作を基に「ブラッディ・パーティ」のヤン・ベルガーが脚本化、TVを中心に活躍するアノ・ソウルが監督した。出演は「偽りなき者」のマッツ・ミケルセン、『バロン ほらふき男爵の冒険』のジェシカ・シュワルツ、「ラブ・アクチュアリー」のハイケ・マカッシュ。特集上映「未体験ゾーンの映画たち 2014」にて上映。

「ザ・ドア 交差する世界」のストーリー

画家として成功し、美しい妻(ジェシカ・シュワルツ)と可愛らしい娘と共に何不自由ない毎日を送っていたダビッド(マッツ・ミケルセン)は、ある日、浮気相手と密会中に不慮の事故で娘を亡くしてしまう。それをきっかけに妻と離婚。全てを失ったダビッドは、数年後には抜け殻のような生活を送っていた。自殺を試みるほどに自暴自棄の彼だったが、ふとしたきっかけで古びた祠の中に謎の扉を発見する。その扉を開くとそこは、もう一つの世界、娘を失ったあの日に繋がっていた。娘を助けなければと必死の思いでありし日の我が家に飛び込み、娘を死亡事故から救ったダビッド。だがホッとしたのも束の間、突如何者かに襲われ揉み合いになり、はずみで相手を殺害してしまう。その人物はこちら側の世界に暮らす“もう一人の自分”だった。戸惑いながらもダビッドは、自分は“自分”のいなくなったこの世界でもう一度家族と共にやり直せるのではないか、と考える。やがて彼はこの世界で新たな人生を歩むことを決意するが、そんなダビッドを監視している人物がいた……。

「ザ・ドア 交差する世界」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ザ・ドア 交差する世界」のスペック

基本情報
ジャンル SF サスペンス・ミステリー
製作国 ドイツ
製作年 2009
公開年月日 2014年2月1日
上映時間 101分
製作会社 Wuste Film
配給 クロックワークス
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD
コピーライト (C)2009 WUSTE FILM GMBH / WUSTE FILM OST OHG / SENATOR FILM PRODUKTION GMBH

「ザ・ドア 交差する世界」のみんなのレビュー

「ザ・ドア 交差する世界」の多彩なBlu-ray/DVD