生きるためのもの

いきるためのもの
上映日
1953年2月14日

製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「陽のあたる場所」のジョージ・スティーヴンスが制作、監督した恋愛ドラマ1952年作品。脚本は「追求」のドワイト・テイラー、撮影は「サムソンとデリラ」のジョージ・バーナズ、音楽は「対決(1951)」のヴィクター・ヤングの担当。

「生きるためのもの」のストーリー

ニューヨークのある宣伝会社につとめるアラン・ミラー(レイ・ミランド)は、つい1年ほど前まで、アルコール中毒に悩んでいたが、節制のかいあって今ではすっかり立ち直っていた。彼はアルコール中毒防止協会の依頼で、ちかごろ舞台恐怖症にとりつかれて、酒に浸っているブロードウェイの女優ジェニー・ケリー(ジョーン・フォンテーン)を救うことになった。ジェニーは初めアランの忠告に反発したが、やがて彼の誠実な態度にまどかれて酒をやめ舞台稽古に励むようになった。その頃、アランは会社の仕事の上で自分の主張がいれられず、再び酒の誘惑に負けようとしたが、偶然、ジェニーに救われるようなことがあった。こんなことから、アランとジェニーはいつか恋に落ちていた。だがアランには優しい妻エドナ(テレサ・ライト)と2人の子供があった。エドナは夫が近ごろ何か悩んでいることに気づき、また酒を飲み出すのではないかと心配した。ジェニーはアランの妻子のことを知っており、身をひかねばならないと思いながらも、彼への愛を断ち切ることが出来なかった。あるパーティでジェニーは、エドナを連れたアランに出会った。ジェニーは2人の姿を見てかれらの幸福を壊すことはとうていできないと悟った。エドナも、夫の悩みの原因がジェニーであることを知った。アランから別れたジェニーは、初日の開幕をひかえて再び舞台がこわくなり、淋しさも手伝って酒に酔いつぶれた。この彼女をまたも救ったのはアランだった。ジェニーの初日の舞台は成功した。観客席でアランと一緒に舞台をみまもるエドナは、ジェニーがここまでになるにはアランの苦労も大変だったろうと察した。

「生きるためのもの」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生きるためのもの」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1952
公開年月日 1953年2月14日
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「生きるためのもの」のみんなのレビュー

「生きるためのもの」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません


「生きるためのもの」を観ているあなたにおすすめの映画