追撃のバラード

ついげきのばらーど
上映日
1971年12月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

メキシコ・アメリカ混血の保安官が白人に侮辱され、さげすまれ、貧しい生活の中で凄まじい信念に生きる。製作はアイラ・スタイナー、監督はエドウィン・シーリン、エルモア・レナードの原作をローランド・キビーとデイヴィッド・レイフィールが共同脚色、撮影はガボール・ボガニーが担当。出演はバート・ランカスター、スーザン・クラーク、ジョン・サイファー、バートン・ヘイマン、フランク・シルベラ、リチャード・ジョーダン、フィル・ブラウン、ファニタ・ペナローザなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。デラックスカラー、ビスタサイズ。1971年作品。

「追撃のバラード」のストーリー

メキシコ人とアメリカ人の混血であるロベルト・バルデツ(バート・ランカスター)にとって1890年頃のアリゾナ州ラノリア町での生活はきびしいものだった。白人の侮辱、さげすみを受け、貧乏な生活を送っていたが、信念だけは鉄のごとく確固としていた。ある日、バルデツは、銃を持った男たちが小屋を取り囲んで射っているところへ通りかかった。調べてみると、小屋の中のジョンソンという黒人が商人のジェームズ・C・エリンを殺したというのでリンチにかけようとしているところだった。小屋から出てきたアパッチの女(ファニタ・ペナローザ)が脅かされたのを見て、自分の仕事だと思ったバルデツは、小屋に入ってその黒人と話してみると、自分はジョンソンではなく人違いだといい、馬車に証明書があるからとバルデツに取りに行かせた。そのすきに、銃声が響いた。バルデツに罠をかけられたと思ったその黒人が、彼に向かって射ったのだ。身を守るためバルデツは黒人を殺してしまった。外と取り囲んだ男たちのリーダー、フランク・タナー(ジョン・サイファー)は人違いを認めた。アパッチの女を連れて町のシェリフに報告したバルデツは、女をアパッチのところへ送り届けるから100 ドル払ってくれと申し入れた。だが、タナーは冷たく断った。タナーは殺されたエリンの妻ゲイ(スーザン・クラーク)と住んでいた。彼はゲイを得るためにエリンを抹殺したという町のうわさを消すためにやっきとなっていたのだ。アパッチの女を友人に預けてタナーのところへ戻ったバルデツに怒ったタナーは、十字架型の2本の柱をバルデツにしばりつけ追い出した。再び彼はタナーにかけ合うため、第4騎兵隊の古い軍服を身につけ、タナーの見張りにことづてを与えた--バルデツが来る--。タナーは手下にバルデツを殺せと命じてゲイの寝室へ行った。突然ベッドからバルデツが飛び出した。そして100 ドルを要求するのだった。タナーの部下エル・セグンド(バートン・ヘイマン)に銃を取られたが、ゲイを人質にしたバルデツはうまく逃げ出した。ゲイと引き替えに100 ドルを要求するバルデツに、ゲイは夫を殺したのは自分だと言ったが、信念の人バルデツはついにタナーと対決した。轟然と響いた銃声の後に崩れたタナーに、バルデツはこれが最後と手をさしのべ、100 ドルを要求するのだった。(ユナイト配給*1時間30分)

「追撃のバラード」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「追撃のバラード」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1971年12月4日
製作会社 ノーラン=スタイナー・プロ共同作品
配給 ユナイト
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「追撃のバラード」のみんなのレビュー

「追撃のバラード」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/18

ティナ・フェイ(1970)

ザ・マペッツ2 ワールド・ツアー

人間とマペットが共存する世界を舞台に描くミュージカル・コメディの第2作。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターのカメオ出演も見所。監督は、前作に引き続きジェームズ・ボビンが担当。出演は、「ナイト ミュージアム」のリッキー・ジャーヴェイス。

ミーン・ガールズ

アフリカ育ちの少女がアメリカの高校の様々なルールに戸惑い、学生同士の派閥対立に巻き込まれていくさまをコメディ・タッチで描く学園ドラマ。主演は「フォーチュン・クッキー」でティーン・チョイス・アワードの4部門に輝き、”スーパー・ティーン・セレブ”と呼ばれるリンジー・ローハン。共演は「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムス、「チャーリーと14人のキッズ」のレイシー・シャベールなど。監督はリンジー・ローハン主演の「フォーチュン・クッキー」を手がけたマーク・ウォーターズ。
アレン・リーチ(1981)

ボヘミアン・ラプソディ

ブライアン・シンガーがメガホンを取り、伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。既存の音楽を打ち破り、世界中で愛されるエンターテイナーとなったフレディ。その活躍の裏にあったものとは。フレディ役を熱演したのは、『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』でエミー賞を受賞したラミ・マレック。

ザ・ボディガード(2017)

「ハクソー・リッジ」のサム・ワーシントン主演のアクション。組織から女子高生エラの殺害を依頼された殺し屋ルーカスは、彼女を殺すことができなかった。ルーカスはエラを守りながら復讐を始めるが、組織によって懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋たちの標的となる。監督は、「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。出演は、「グースバンプス モンスターと秘密の書」のオデイア・ラッシュ、「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のアリシア・シルヴァーストーン、「スーサイド・スクワッド」のジョエル・キナマン、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレン・リーチ、「ドクター・ストレンジ」のエイミー・ランデッカー。特集企画『のむコレ』にて上映。

「追撃のバラード」を観ているあなたにおすすめの映画