男性NO.1(1935)

だんせいなんばーわん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「小連隊長」「宝島(1934)」のライオネル・バリモア、「俺は善人だ」「ダイヤモンド」のジーン・アーサー、「麦畑を荒らす者」「スピード花嫁」のチェスター・モリス、ブロードウェイの舞台から来た映画初出演のジョセフ・カレイアが共演する映画で、「空軍の覇者」「原始人」のJ.ウォルター・ルーベンが監督に当たった。原作は監督者ルーベンがウェルズ・ルートと共作し、「南海の漁火」「霧笛の波止場」のウェルズ・ルートが脚色した。助演者は「深夜の星」のポール・ケリー、「宝島(1934)」のルイス・ストーン、ポール・ハースト等で、キャメラは「復活(1934)」のグレッグ・トーランドの担任。

「男性NO.1(1935)」のストーリー

「紫団」というギャングがアメリカ合衆国を又にかけて強奪強盗殺戮を逞しうしている。毎日の新聞は血生臭い記事ばかりである。しかも「紫団」は何処を巣窟としているか、その首領が何者であるか、も判然しない。司法省特別警察の捜査本部は最後の手段として、目下刑務所に服役中のソニイなる囚人が紫団の大物らしいので、部員中の腕利きフェフ・クレインを囚人に仕立てて投獄し、ソニイと同じ室に入れる。ジェフは機を見てソニイと共に脱獄した。が、追跡されてソニイは胸部に重傷を受けた。ソニイは配下の1人の住処に隠れ、紫団お抱えの医師でドクトルと呼ばれる大酒のみの老人をジェフに迎えに遣る。その帰途豪雨に逢い、ジェフはドクトルと共にホテルに避難するが、その時テレサという美人と知り合う。彼が持っていた写真から、テレサはソニイの実妹である事が判り、テレサは2人と同行してソニイの許へやって来る。運命はジェフとテレサを恋し合う仲とした。ソニイの傷が治り、彼が活動を始める時を期して、ジェフは本部と連絡を取り、紫団を一網打尽にする計画であった。所が、ソニイとテレサの兄妹喧嘩に余計な手出しをした為にジェフはソニイの許から追い出されてしまう。この為紫団検挙の手筈が狂い、ジェフは司法省でも首になる。しかし発奮したジェフは奇智をもってドクトルを欺き、ドクトルと共に紫団の巣窟のカフェに赴く事が出来た。ジェフの報告で特別警察隊はカフェを包囲し、紫団を掃討したが、悪運強いソニイは身を以て逃れた。しかもソニイは変貌手術を受け、指紋を潰してしまったので全国警察の必死の捜査も空しかった。当局はついにテレサの名を偽って新聞広告を出し、ソニイをテレサが勤めている劇場におびき寄せる事に成功した。そしてソニイが劇場を出る所を擁して、ジェフは凶漢を射殺した。しかし彼自らも重傷を負った。ジェフを兄の仇敵と恨んでいたテレサも愛には勝てず、ついに正義の使徒ジェフの求婚を承諾した。

「男性NO.1(1935)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「男性NO.1(1935)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 M・G・M映画
レイティング

「男性NO.1(1935)」のみんなのレビュー

「男性NO.1(1935)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「男性NO.1(1935)」を観ているあなたにおすすめの映画