ダンサー(1987)

だんさー Dancers
上映日
1988年4月16日

製作国
アメリカ

上映時間
99分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

失ってしまったバレエへの情熱を取り戻そうとする演出家兼ダンサーと、彼に憧れる若いバレリーナとの愛と芸術への思いを描く。製作総指揮はノラ・ケイとジャック・ブロドスキー、製作はメナハム・ゴーランとヨラム・グローバス。監督は「摩天楼はバラ色に」のハーバート・ロス、脚本はサラ・カーノチャン、撮影はエンニオ・グァルネッリ、美術はジャンニ・クァランタ、衣装はアドリアナ・スパダロ、バレエ・コスチュームはアンナ・アンニとエンリコ・セラフィニ、音楽はピノ・ドナジオ、ジゼル作曲はアドルフ・アダムが担当。出演は「ホワイトナイツ 白夜」のミハイル・バリシニコフ、ジュリー・ケント、「ニジンスキー」のレスリー・ブラウンほか。

「ダンサー(1987)」のストーリー

脚を痛めたダンサーの代わりに映画「ジゼル」に参加するためにアメリカからやって来た17歳のリサ・ストラッサー(ジュリー・ケント)は、期待に胸をはずませて南イタリアの小さな空港に到着した。映画の演出家でアルブレヒト役のトニー・セルゲイエフ(ミハイル・バリシニコフ)はリサにとって憧れの芸術家であり、トニーもまたリサの初々しさに惹かれた。だがトニーは華やかな女性遍歴でも知られており、先輩ダンサーのナディーン(レスリー・ブラウン)もリサに「彼には近づかない方がいい」と忠告する。にもかかわらず、トニーに対する感情が尊敬から恋に変わっていったリサは、「ジゼル」撮影の当日、トニーと後援者であるパラディオ伯爵夫人との結婚が書きたてられたゴシップ誌をみてショックに打ちひしがれる。「ジゼル」の王子アルブレヒトと村娘ジゼルの恋物語が余りにも自分の置かれている状況と似ているのに耐えられなくなった彼女は、劇場を飛び出してしまい、海に身を投げる。彼女の後を追い、「おまえが殺したんだ」と責められるトニーだったが、撮影のために劇場に戻る。第2幕、ジゼルの亡霊が現れるシーンで、その姿がリサと重なった。愛する者を失った哀しみ、亡霊の姿とはいえジゼルと再会できたアルブレヒトの喜びを、トニーは踊りにこめた。「ブラボー!」の歓声が、一斉にスタッフの間から巻き起こった。実は死んではいなかったリサが、いつの間にか戻って来てトニーに声をかけた。お互いの気持ちを確かめあいながら、見つめ合う2人。そこには、新たな関係が芽生えつつあった。

「ダンサー(1987)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダンサー(1987)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1988年4月16日
上映時間 99分
製作会社 キャノン作品
配給 松竹富士
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ダンサー(1987)」のみんなのレビュー

「ダンサー(1987)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません