ダラス

だらす Dallas
上映日
1951年12月27日

製作国
アメリカ

上映時間
94分

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

W・B日本支社再開の第1回公開作品。「曉の討伐隊」などのゲイリイ・クーパーと「チャンピオン」や「見知らぬ乗客」などのルース・ローマンが主演した1950年製作のテクニカラー西部劇で、製作は「死の谷」のアンソニー・ヴェイラー、監督には「タルサ」のスチュアート・ハイスラーが当る。ウィル・F・ジェンキンスの小説より「船乗りシンバッドの冒険」のジョン・トゥイストが脚色し、撮影は「テレヴィジョンの王様」のアーネスト・ホーラー、音楽はマックス・スタイナーの担当。助演者は新進スティーヴ・コクラン、レイモンド・マッシー(「摩天楼」)、バーバラ・ペイトン(勇者のみ・未輸入)、リーフ・エリクソン(風変りな恋、モント・ブルー(無法者の群)、ウィル・ライト(「アダム氏とマダム」)、アントニオ・モレノら。

みんなのレビュー

「ダラス」のレビューを書く

「ダラス」のストーリー

南北戦争後、未だ無法者の横行するテキサス。ボストンの旧家の息子マーティン(リーフ・エリクソン)は、スペイン人の牧場主の娘である婚約者のトニア(ルース・ローマン)に再会出来る喜びを胸に、新保安官としてダラスの町に赴任して来た。到着草々とんだ機縁から南軍のゲリラ隊の隊長だったお尋ねものブライド・ホリスター(ゲーリー・クーパー)と知り合い、彼を保安官に仕立てねばならぬ仕儀となった。というのはホリスターはお尋ねものとはいえ、実は町の山師マーロウ兄弟にわが家を破壊され、当局に抗議したが南部人への偏見からかえって迫害視され、意を決して独力で悪に対抗せんとしていたのであった。マーティンは法を守る立場にあるもののホリスターに好意を寄せざるを得ず、2人でトニアの家に行ったが、トニアは初めて会うホリスターに強く魅せられてしまった。ホリスターの出現に色をなしたウィル(レイモンド・マッシー)やブライアント(スティーヴ・コクラン)のマーロウ兄弟と彼との間には緊張した対立が続き、ホリスターが彼らの銃弾に負傷する事件も起きたが、1夜、ホリスターは遂にブライアントを射殺した。しかしウィルの密告で彼は牢に投ぜられてしまい、その隙にウィルはトニアの父に数万弗を強要した。彼らが金を奪おうとする時、牢を脱したホリスターが駈けつけ、ウィルと彼は決闘に及ぶが、弾つきたウィルは遂にホリスターによって保安官に引き渡され悪は一掃された。マーティンは当局に申請して到着したホリスター赦免の書類を彼に渡すとともに、今はすっかりホリスターを愛しているトニアをもあきらめて新しい鉄道建設のため去って行くのだった。

「ダラス」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ダラス」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1950
公開年月日 1951年12月27日
上映時間 94分
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー・ブラザース日本支社
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード
音量 モノラル

「ダラス」のみんなのレビュー

「ダラス」のレビューを書く

「ダラス」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません