続・恐竜の島

ぞくきょうりゅうのしま
製作国
イギリス

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

太古の姿そのままの恐竜や猿人が生息する『忘れられた島』にくりひろげられる伝奇冒険譚。製作総指揮はサミエル・Z・アーコフ、製作はジョン・ダーク、監督は「恐竜の島」のケビン・コナー、脚本はパトリック・ティリー、原作はエドガー・ライス・バローズ(「時に忘れられた人々」早川書房刊、「時に忘れられた国」東京創元社刊)、撮影はアラン・ヒューム、音楽はジョン・スコットが各々担当。出演はパトリック・ウェイン、ダグ・マクルーア、サラ・ダグラス、ダナ・ギレスピー、ソーレイ・ウォルタース、シャイン・リマーなど。日本語版監修は野中重雄。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1977年作品。

「続・恐竜の島」のストーリー

1917年末、スコットランドの海岸にタイラー(D・マクレア) の書いた文書が流れついた。あの3年前、魔境探検に出たタイラーが生きている! 海軍は早速救助隊を出船させた。タイラーの友人ベン(P・ウェイン)、女性記者チャリー(S・ダルラス)、ノーフォーク博士(T・ウォルタース)、ホーガン(S・リマー)も一緒に乗り組んでいる。氷山に囲まれた地点で、水陸両用の飛行艇に乗り移った4人。やがてタイラーの文書にある大陸が近づく。と、突然、怪鳥が彼らを襲い、飛行艇は恐竜の島『キャプローナ』に不時着した。不気味な魔境には恐竜もいる。ホーガンを艇の修理にのこし、ベン達は山の向こうにタイラーをさがしに行く。恐竜の叫びの中、彼らは進み、原始人の娘を助ける。彼女はアジョー(D・ギレスピー)と自らの名を英語でしゃべった。タイラーから習ったのだ。彼女によれば、タイラーはナガ族につかまったとのこと。彼らの意欲はわいた。ナガ族の1人をさらにとらえたところでは、タイラーはドクロ城に連れていかれたらしい。やがてドクロ城に通じる洞窟を出た一行に、ヨロイ・カブトの軍団が迫り、彼らを捕えた。ナガ族だ。ベンと博士は牢でタイラーと再会、一方、チャーリーとアジョーはいけにえにされようとしていた。やがて牢番のスキをみて、ベン達は脱出。チャーリーらの救出に向かい、ナガ族の幽霊軍団との凄絶な戦いは始まる。軍団の首領はアジョーと共に赤い地獄の池に落ち、タイラーは矢を胸に受け倒れた。そしてやがて火山がこれらを怒るかのように爆発をはじめ、ベン達はホーガンの修理した飛行艇で、この魔境を脱出するのであった。(松竹=富士映画共同配給1時間31分)

「続・恐竜の島」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「続・恐竜の島」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 イギリス
製作年 1977
製作会社 マックス・J・ローゼンバーグ・プロ(AIP)作品
配給 松竹=富士映画
レイティング

「続・恐竜の島」のみんなのレビュー

「続・恐竜の島」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません