生活への道

せいかつへのみち
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ミリアム・ホプキンスが「バーバリー・コースト」に次いで主演した映画で、米国有数の閨秀作家ラシェル・クロザースが特に書き下ろした脚本により「彼女は僕を愛さない」「学生怪死事件」のエリオット・ニュージェントが監督し、「ダアク・エンゼル(1935)」「結婚の夜」のグレッグ・トーランドが撮影した。主役ホプキンスを助けて「バーバリー・コースト」「白い友情」のジョエル・マクリーを始め「過去から来た男」のポール・カヴァナ、「ロバータ」のヘレン・ウェストリー、「結婚十分前」のビリー・バーク、「彩られし女性」のキャサリン・アレクサンダー、等出演。

「生活への道」のストーリー

名家ラリモア家は今は家運おとろえて窮乏の結果、財産といってはわずかに5番街の宏壮な邸宅だけであった。未亡人ラリモア夫人は姉娘マーサとともに、長男ブライトンを富豪の娘エディスと結婚させようとはかり、彼女の機嫌をとっていた。ところが南部に残っていたわずかなラリモア家の不動産を売却にいったブライトンは、その旅行中フィリス・マニングという南部の貧しい娘と結婚して帰ってきた。自然家族たちのフィリスに対する態度は極めて冷やかなものであった。けれども夫の愛情を唯一の頼りに、フィリスは傾いた家運を建て直そうと思ったが、未亡人もマーサも次男のクランシイも、ただ豪華な生活に憶れて毎日ぼんやり遊んで暮らすばかりである。一家の。これまでの生活費も、ほとんど他人や親類の厄介になっていたのであるが、未亡人は今度は親類の金満家マーティンがフィリスに興味を持っていることを見て、それを利用しようとする。フィリスはそうした生活を好まず、自分で働きたいと思うが、それは夫のブライトンが許さない。マーティンはフィリスに近づく手段として、ブライトンに石油事業の職を与え、一家の生活はやや立て直ってきた。彼はやがてブライトンにメキシコとの取引という大事業の相談をしたが、フィリスが自分とのヨット・パーティを断ったので、相談は取り消しになった。何にも事情を知らず悲観している夫を見て、フィリスはなかば自暴自棄でパーティの出席を承諾した。ブライトンは晴々とメキシコに飛行機で出発し、フィリスはその夜マーティンのヨットに乗った。しかしこんなことから彼女とマーティンとの間には醜い噂が伝わるようになる。こんな腐った生活に耐えられなくなったフィリスは、メキシコから帰国したブライトンにすべてを打ち明けて家出をしてしまった。3ケ月後、マーティンは売り子となって働いているフィリスを見つけて真面目に結婚を申し込んだが、彼女の心にはいまでもブライトンの姿が生々しく刻まれているのであった。やがてマーティンの仕事をやめ新聞社に職を得たブライトンは、フィリスを探し出して彼女との新しい生活への道を歩みはじめたのである。

「生活への道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生活への道」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイト支社輸入
レイティング

「生活への道」のみんなのレビュー

「生活への道」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。