生活への道

せいかつへのみち
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ミリアム・ホプキンスが「バーバリー・コースト」に次いで主演した映画で、米国有数の閨秀作家ラシェル・クロザースが特に書き下ろした脚本により「彼女は僕を愛さない」「学生怪死事件」のエリオット・ニュージェントが監督し、「ダアク・エンゼル(1935)」「結婚の夜」のグレッグ・トーランドが撮影した。主役ホプキンスを助けて「バーバリー・コースト」「白い友情」のジョエル・マクリーを始め「過去から来た男」のポール・カヴァナ、「ロバータ」のヘレン・ウェストリー、「結婚十分前」のビリー・バーク、「彩られし女性」のキャサリン・アレクサンダー、等出演。

「生活への道」のストーリー

名家ラリモア家は今は家運おとろえて窮乏の結果、財産といってはわずかに5番街の宏壮な邸宅だけであった。未亡人ラリモア夫人は姉娘マーサとともに、長男ブライトンを富豪の娘エディスと結婚させようとはかり、彼女の機嫌をとっていた。ところが南部に残っていたわずかなラリモア家の不動産を売却にいったブライトンは、その旅行中フィリス・マニングという南部の貧しい娘と結婚して帰ってきた。自然家族たちのフィリスに対する態度は極めて冷やかなものであった。けれども夫の愛情を唯一の頼りに、フィリスは傾いた家運を建て直そうと思ったが、未亡人もマーサも次男のクランシイも、ただ豪華な生活に憶れて毎日ぼんやり遊んで暮らすばかりである。一家の。これまでの生活費も、ほとんど他人や親類の厄介になっていたのであるが、未亡人は今度は親類の金満家マーティンがフィリスに興味を持っていることを見て、それを利用しようとする。フィリスはそうした生活を好まず、自分で働きたいと思うが、それは夫のブライトンが許さない。マーティンはフィリスに近づく手段として、ブライトンに石油事業の職を与え、一家の生活はやや立て直ってきた。彼はやがてブライトンにメキシコとの取引という大事業の相談をしたが、フィリスが自分とのヨット・パーティを断ったので、相談は取り消しになった。何にも事情を知らず悲観している夫を見て、フィリスはなかば自暴自棄でパーティの出席を承諾した。ブライトンは晴々とメキシコに飛行機で出発し、フィリスはその夜マーティンのヨットに乗った。しかしこんなことから彼女とマーティンとの間には醜い噂が伝わるようになる。こんな腐った生活に耐えられなくなったフィリスは、メキシコから帰国したブライトンにすべてを打ち明けて家出をしてしまった。3ケ月後、マーティンは売り子となって働いているフィリスを見つけて真面目に結婚を申し込んだが、彼女の心にはいまでもブライトンの姿が生々しく刻まれているのであった。やがてマーティンの仕事をやめ新聞社に職を得たブライトンは、フィリスを探し出して彼女との新しい生活への道を歩みはじめたのである。

「生活への道」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「生活への道」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイト支社輸入
レイティング

「生活への道」のみんなのレビュー

「生活への道」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません