スパイ大作戦 薔薇の秘密指令

すぱいだいさくせん
上映日
1969年11月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

TVで好評のシリーズ物の映画化。監督はポール・スタンリー。脚本はウィリアム・リード・ウッドフィールド、アラン・バルチャーの合作。撮影はミシェル・ユーゴー、音楽はラロ・シフリン、編集はデイヴィッド・ワージェスが担当。製作はジョセフ・ガントマン。出演は「テキサス」のピーター・グレイヴス、「ネバダ・スミス」のマーティン・ランドー、バーバラ・ベイン、黒人俳優のグレッグ・モリス、ピーター・ルーパス。そのほか、ロバート・フィリップス、ポール・スティーヴンス、エドアルド・シァンネッリが助演。

「スパイ大作戦 薔薇の秘密指令」のストーリー

フェルプス(ピーター・グレイヴス)ら秘密調査員の今度の仕事は、アメリカ犯罪組織の巨頭ウェイン(ポール・スティーヴンス)の帳簿を奪い一味の活路を断つことだった。フェルプスを先頭に、ローリン(マーティン・ランドー)、黒人のバーニィ(グレッグ・モリス)、ウィリー(ピーター・ルーパス)、女調査員シナモン(バーバラ・ベイン)の5人は、さっそく活動を開始した。シナモンが整形を施し、ウェインに扮装したローリンは、まんまと彼とすりかわり敵の中に入り込んでしまった。ローリンの完璧な扮装と演技に、用心棒のジョニー(ロバート・フィリップス)さえも感づかなかった。そして、組織の幹部ビト(ヴィンセント・ガーディニア)等の忠告で、ローリン扮するウェインは整形手術をうけて、警察の目をごまかそうと企んだ。女医に化けたシナモンの手で、やがてローリン本来の顔が現われた。一味は手術が成功したと思い、安心した。翌朝、フェルプス扮するディリー捜査官がウェイン一味に、脅しをかけた。ローリンはジョニーに、ディリー暗殺を命じた。だが、事前にバーニィとウィリーが細工をしてあったので、フェルプスはすばやく人形と入れ代わった。一方、フェルプス殺害を知った幹部達は、忠告に背いたローリンをボスの椅子から降ろすべく抹殺命令の白バラを彼の胸にさした。だが、ローリンは危機一髪で、彼の顔に扮装させたウェインと、エレベーターの中で再びすりかわった。ジョニーはそれとも知らず、本物のウェインを撃った。だが彼も、かけつけた警官に射殺された。ほかの一味も、ローリンの写した名簿で逮捕は時間の問題となった。

「スパイ大作戦 薔薇の秘密指令」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スパイ大作戦 薔薇の秘密指令」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1969
公開年月日 1969年11月21日
製作会社 パラマウント
配給 パラマウント
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「スパイ大作戦 薔薇の秘密指令」のみんなのレビュー

「スパイ大作戦 薔薇の秘密指令」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/18

北野武(1947)

天才たちの頭の中 世界を面白くする107のヒント

CM製作やドキュメンタリー作品を手がけてきたハーマン・ヴァスケ監督が、世界で活躍する人物たちに何故クリエイティブなのか問うドキュメンタリー。膨大な数のインタビューからホーキング博士、北野武ら107人を抜粋、それぞれが語るクリエイティブ論を映す。

アウトレイジ 最終章

北野武監督が手掛けるバイオレンスシリーズ最終章となる3作目。大友が身を寄せる韓国の張会長を相手に、花菱会の花田がトラブルを起こす。花菱会会長の野村と若頭の西野による覇権争いは張会長襲撃にまで発展し、張会長に恩義を感じる大友は帰国を決意する。前作に続きビートたけし、西田敏行、塩見三省、金田時男、白竜、名高達男、光石研、中村育二、松重豊らが出演するほか、「ミュージアム」の大森南朋、「エヴェレスト 神々の山嶺」のピエール瀧、「TAP THE LAST SHOW」の岸辺一徳、「シン・ゴジラ」の大杉蓮、「ボクの妻と結婚してください。」の原田泰造、「レイルロード・タイガー」の池内博之、「シン・ゴジラ」の津田寛治らがシリーズ初出演する。
片桐はいり(1963)

きまじめ楽隊のぼんやり戦争

私をくいとめて

「勝手にふるえてろ」の綿矢りさ(原作)&大九明子(監督)コンビが再タッグ。30歳を越え、“おひとりさま”が板についた黒田みつ子。脳内にいるもう一人の自分“A”と平和な生活を満喫していた彼女はある日、年下の営業マン、多田くんに恋してしまう。出演は「星屑の町」ののん、「劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」の林遣都。

「スパイ大作戦 薔薇の秘密指令」を観ているあなたにおすすめの映画