11人のカウボーイ

じゅういちにんのかうぼーい
上映日
1972年4月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ゴールドラッシュで男たちが金を深しに行ってしまったため、牛の大群の輸送に困り果てた牧場主が、仕方なく少年カウボーイを雇い入れ、400マイルの荒野を横断していく。製作・監督は「華麗なる週末」のマーク・ライデル、脚色は、原作を書いたウィリアム・デール・ジェニングスとアーヴィング・ラヴェッチ、ハリエット・フランク・ジュニアの3人、撮影は「おもいでの夏」で、3度目のアカデミー賞を受賞したロバート・サーティース、音楽は「屋根の上のバイオリン弾き」のジョン・ウィリアムス(2)、編集はニール・トラヴィスが各々担当。出演はジョン・ウェイン、11人の小さなカウボーイには、ジョン・キャラダインの息子のロバート・キャラダイン、スティーブン・フーディス、ニコラス・ビューヴィ、A・マルティネスなど、ほかの共演は「ワイルドバンチ」のスリム・ピケンズ、「トパーズ(1969)」の黒人俳優ロスコー・リー・ブラウンなど。

「11人のカウボーイ」のストーリー

突如襲ったゴールド・ラッシュのおかげで、男たちがみんなカルフォルニアへ金を探しに出かけたため、ダブル・オー牧場の主人ウィル・アンダーソン(ジョン・ウェイン)は困ってしまった。400マイル離れた鉄道駅の町ベル・フーシェへ、1200頭の牛を運ばねばならないのに男手が足りないのだ。困り抜いたウィルは、仕方なく少年たちをカウボーイ代わりに雇って出発することにした。彼が雇った少年は、デブ(アルフレッド・バーカー・ジュニア)、スチーブ(スティーブ・ベネディクト)、四つ目(ニコラス・ビューヴィ)、スリム(ロバート・キャラダイン)、ウィーディ(ノーマン・ハウエル・ジュニア)、チャーリー(ステファン・フーディス)などの11人だった。ウィルの鍛錬はきびしく、最初は興味半分で参加した少年たちの中には本気でウィルを憎む者さえ出始める。少年たちは、ウップンを払うためにウィスキーのビンを盗み、円陣を組んで回し飲みしたりした。ある日、岩の上にいた四つ目が牛の群れの中にメガネを落としてしまい、それを拾おうとしたチャーリーは牛の大暴走の下敷となり死んだ。不気味なインディアンの群れも出没している。それでもウィルは前進をやめようとはしなかった。沈着冷静な行動力と、長年西部の風雪に鍛えられた叡知と勇気は、知らず知らずのうちに少年たちに伝わった。少年たちは、人生とは何か、死とは何か、それらに打ち克っていく人間の力とは何なのかを教え込まれていった。ガミガミとうるさい頑固オヤジのように見えた彼が、実は無限にやさしい人間的な情愛にあふれた男であることが少年たちには理解できるようになってきた。やがてケート(コリーン・デューハースト)を先頭とする娼婦の一団と出会った後、牛泥棒ロング・ヘア(ブルース・ダーン)が現われたが、ウィルはロングをたたきのめし、そして卑怯なロングの背後からの銃弾に到れた。ロングは牛の群れをひき連れ意気揚々と引きあげていった。いまや父親同然のウィルを殺された少年たちが黙っている筈がなかった。少年たちは、今、大人になろうとしていたのだ。ガキと見くびっていたロング・ヘア一味を全滅させ牛を取り戻した。やがて400マイルの旅が終わろうとしていた。その日は少年たちが幼い心と体に別れを告げ、ウィルのようにたくましく人生を生き抜いていく男たちだけの世界に仲間入りする日でもあったのだ。

「11人のカウボーイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「11人のカウボーイ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1971
公開年月日 1972年4月29日
製作会社 サンフォード・プロ作品
配給 ワーナー
レイティング
カラー/サイズ カラー

「11人のカウボーイ」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/13

ロン・パールマン(1950)

モンスターハンター

日本発の大ヒットゲームを「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督×ミラ・ジョヴォヴィッチ主演で実写化。砂漠で偵察中のアルテミス率いる特殊部隊は、超巨大な砂嵐に遭遇。目を覚ますとそこは、我々の世界とは全く異なる別の世界だった。共演は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のトニー・ジャー、「アントマン」シリーズのティップ・“T.I.”・ハリス、「50回目のファーストキス」の山崎紘菜。

グレート・ウォー

「ヘルボーイ」シリーズのロン・パールマンらが出演、第一次大戦末期を舞台にした戦争アクション。ウィリアム・リバース中尉らは敵陣にて行方不明となったアフリカ系アメリカ人兵士たちの小隊を救助すべく、人種の壁を越え、最後の最後まで戦い抜こうとする。監督は、「米軍極秘部隊ウォー・ピッグス」などに出演、「バルジ・ソルジャーズ」ではメガホンを取ったスティーヴン・ルーク。特集『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。
リッキー・シュローダー(1970)

クリムゾン・タイド

米軍原子力潜水艦を舞台に、全面核戦争の危機を巡って対立する男たちのドラマを描いた、骨太のポリティカル・サスペンス。監督は「トゥルー・ロマンス」のトニー・スコット。「カラーズ 天使の消えた街」のマイケル・シーファーとリチャード・P・ヘンリックの原案を、シーファーが脚色。製作は「フラッシュダンス」「ビバリーヒルズ・コップ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー。撮影は「クロウ 飛翔伝説」「蜘蛛女」のダリウス・ウォルスキー、音楽は「ライオン・キング」「勇気あるもの」のハンス・ジマー、美術はマイケル・ホワイト、SFXはドリーム・クエスト・イメージズが担当。主演は「フィラデルフィア」のデンゼル・ワシントンと「ワイアット・アープ」のジーン・ハックマン。「氷の微笑」のジョージ・ズンザ、「カリートの道」のヴィゴ・モーテンセン、「ア・フュー・グッドメン」のマット・クレイヴン、「ターミナル・ベロシティ」のジェームズ・ギャンドルフィーニらが脇を固める。また、「トゥルー・ロマンス」のクエンティン・タランティーノが脚本に参加し、ジェイソン・ロバーズがラストシーンに特別出演している(共にノー・クレジット)。

チャンプ(1979)

元ボクシング・チャンピオンの父親とその父が再び栄光の座に戻る日を信じている息子と、別れた妻の3人が織りなす愛を描く。製作はダイソン・ロべル、監督は「ブラザー・サン、シスター・ムーン」のフランコ・ゼフィレッリ。フランセス・マリオンの原作を基にウォルター・ニューマンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はデイブ・グルーシン、編集はマイケル・J・シェリダン、製作デザインはハーマン・A・ブルメンタル、衣裳はセオニ・V・アルドレッジが各々担当。出演はジョン・ボイト、フェイ・ダナウェイ、リッキー・シュローダー、ジャック・ウォーデン、アーサー・ヒル、ストローザー・マーティン、ジョーン・ブロンデルなど。

NEW今日命日の映画人 4/13

該当する人物がいません


「11人のカウボーイ」を観ているあなたにおすすめの映画