ジェット・パイロット

じぇっとぱいろっと Jet Pilot
上映日
1957年11月20日

製作国
アメリカ

上映時間
112分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

航空機制作会社を経営、自らもパイロットとして世界早回り飛行の記録樹立者の経歴をもつハワード・ヒューズが提供する航空映画。「北京超特急」のジュールス・ファースマンが航空映画専門の脚本家バーニイ・レイ・ジュニアの協力を得てシナリオを書き、「アナタハン」のジョセフ・フォン・スタンバーグが監督した。撮影監督は「捜索者」のウィントン・C・ホック、音楽はブロニスロー・ケイパー。主演は「荒鷲の翼」のジョン・ウェイン、「死の猛獣狩」のジャネット・リー。ジェイ・C・フリッペン、ポール・フィックスなどが助演する。アメリカ空軍の全面的な協力によって完成した。

「ジェット・パイロット」のストーリー

アラスカの米空軍パーマー基地を飛び立ちベーリング海峡の哨戒に当っているシャノン大佐(ジョン・ウェイン)のジェット戦闘機隊は、ある日、不法越境してきたソ連ミグ戦闘機を発見、威嚇射撃を浴びせた。と、ミグ機は意外にもパーマー基地に着陸、中からは美しいソ連の婦人パイロットが現れた。アンナ(ジャネット・リー)という、そのソ連美人は空軍中尉で、過失を犯し銃殺されそうになったので逃亡してきたのだ、と自供した。米空軍はアンナから機密を嗅ぎだそうとシャノン大佐に命じ、その身辺に付添わせることにした。大佐はアンナを自らのジェット機に乗せ、その飛行ぶりを見たりしてソ連空軍の技術を探った。調査が一段落した大佐はアンナを連れ保養地パーム・スプリングに出かけた。楽しい幾日か過ぎたが基地のブラック少将から突然、アンナを国外追放するから即時帰還せよとの命令が大佐のもとへ届けられた。このとき、今はアンナを愛し始めた大佐の心は決まった。アンナが国外追放を免れるためには自分と結婚する以外にないと考えた大佐は判事のもとで直ちに結婚式を挙げて基地へ戻った。、その大佐に、ブック少将はアンナがソ連のスパイであるとの証拠を示した。騙されたと知って怒りに燃える大佐はアンナに報復するため少将に奇策を具申した。シャノン自らアンナとジェット機でソ連領に入れば、ソ連は、愛妻を慕って米軍人が脱走して来たと歓迎するに違いない。これを利用しソ連空軍の機密を盗み、脱出は双方捕虜の交換によって行おうーという筋書きである。少将の承認を得た大佐は、ある夜アンナとともにジェット機を駆りシベリアへ着陸した。果たしてソ連軍は2人を歓迎、大佐を技術教官として好遇した。その上大佐は、親子ジェット機という新型機のテストまで任された。ところがこの親子ジェット機は、これまで腕利きの赤軍パイロットさえ扱いかねた難物。しかも大佐へのテスト委任の陰には、彼を怪しいと睨んだ赤軍が、万一テストに成功しても料理に仕込んだ薬品で痴呆同様にしてしまうとの謀略が秘められていた。しかしテスト飛行の当日、これを知ったアンナは今こそ赤い祖国に反抗し愛に生きようと決心、大佐を助けてジェット機に乗り込み、ソ連空軍の追撃を退け無事アメリカへと向った。

「ジェット・パイロット」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ジェット・パイロット」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年11月20日
上映時間 112分
製作会社 RKOラジオ映画
配給 RKOラジオ
レイティング 一般映画
アスペクト比 1:2.00
カラー/サイズ カラー
音量 モノラル

「ジェット・パイロット」のみんなのレビュー

「ジェット・パイロット」のレビューを書く

「ジェット・パイロット」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「ジェット・パイロット」を観ているあなたにおすすめの映画