アパートの殺人

あぱーとのさつじん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ベンスン殺人事件」「命を賭ける男(1930)」と同じくウィリアム・パウエル主演映画で、ジョン・A・モロスコ作の小説に基づいてマックス・マーシンが書き下ろした物語を、「七日間の休暇」「三週間」のジョン・ファーロウが脚色し、「桃色の盗賊」「暗い部屋」のルイ・ガスニエが監督、「命を賭ける男(1930)」「七日間の休暇」チャールズ・ラン氏が撮影したものである。助演は新進のマリオン・シリング、「ベンスン殺人事件」「ハヴァナから来た女」のナタリー・ムーアヘッド、「命を賭ける男(1930)」「青春の幻想」のレジス・トゥーミー。その他ポール・ハースト、フレデリック・バート等も出演している。

「アパートの殺人」のストーリー

青年技師ジム・モンゴメリー(ウィリアム・パウエル)は同じアパートに住んでいる金髪美人(ナタリー・ムーアヘッド)と知り合って晩餐を共にする。それを女の情夫が曲解して女を殺そうと騒ぎ出したので、女はジムの部屋に逃げ込む。情夫に食ってかかられたジムは相手に一撃加えると、はずみで男は窓から落ちて即死する。女が新聞沙汰を怖れて姿をくらましたので、ジムは故意の殺人ではないという証明を立てられずに、無期徒刑に処せられる。ジムはあの金髪美人を探し出して身の証しを立てたいと思い続け、刑務所で3年の歳月を送るのだった。遂に同室の囚人ピート(ポール・ハースト)と企んで、ジムだけが脱獄することに成功した。2年後、ジムはジョン・ネルソンと名乗り、ノース・カロライナ州のある町の大工場の支配人になっていた。満期出獄したピートは、ジムを訪れてやってくる。ジムは、例の金髪美人が現在はニューヨークにいて、バリー嬢と変名していることを突き止め、ピートに彼女を連れてきてくれと依頼する。ピートは5000ドルの紙幣を預りバリー嬢を訪れて委細を話すと、彼女は金を見てすぐに承諾する。そしてピートを胡散臭い男として警察に密告し、ピートは捕えられた上に大金を所持していたため、留置所に投げ込まれてしまう。探偵のカーニー(フレデリック・バート)は、紙幣の発行銀行がノース・カロライナ州にあることから、この金がジョン・ネルソンから出たことを知り、早速取り調べに赴く。ジョンに会ったバリー嬢は、彼の無罪を立証する代わりに5万ドルを脅迫する。翌日カーニー探偵が到着し、ジョンが実は脱獄囚ジム・モンゴメリーであることを知る。ジョンは人違いだと主張するが、指紋が物をいうことを悟り、カーニーの隙を突いて機械に触れて指紋を破壊する。ジョンの目的は、ジョンとジムが同一人物であると立証することで時間稼ぎをして、その間に敏腕な弁護士を雇いバリーに真実を吐かせることだった。しかしカーニーは、ジョンが無罪であることを周囲の事情から推して知り、バリーには自分が泥を吐かせる、と言って去っていった。工場主の娘エディス(マリオン・シリング)は、カーニーの計らいを感謝しつつ、ジョンと抱擁するのだった。

「アパートの殺人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アパートの殺人」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社輸入
レイティング

「アパートの殺人」のみんなのレビュー

「アパートの殺人」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません