死闘の丘

しとうのおか
上映日
1955年6月6日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「荒くれ男」と同じくジョン・C・チャンピオンが製作、レスリ ー・セランダー(「戦闘機攻撃」)が監督に当たった1955年作西部劇で脚本はクラーク・レイノルズとロリー・カルホーンの共同(「附加合辞はチャムピオン」)によるものである。色彩撮影はエルスワース・フレデリックス、音楽はカール・ブラントの担当。「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のスターリング・ヘイドン、「君知るや南の国」のイヴォンヌ・デ・カーロ以下、「拳銃45」のザカリー・スコット、ガイ・プレスコット、「アロウヘッド」のロバート・J・ウィルク、アンジェラ・グリーンなどが出演する。

「死闘の丘」のストーリー

西部、開拓期。保安官クレイ(スターリング・ヘイドン)とマー クが治安維持にあたる小さな町へ、かつてクレイに捕えられて投獄されていた無法者ベンが手下を連れて復讐に来た。そして物かげからマークを殺して逃げた。新しい任務につくはずだったクレイはこのやり口に憤慨し、仇討ちを決意して新婚のアリサが止めるのもきかずベンを求めて旅に出た。ベンは、新任務につくクレイが復讐に来るはずはないといって、酋長デルガディトのひきいるアパッチ族へウィンチェスター銃を密売する仕事をつづけようとしたが、手下の1人ベントリーはクレイの復讐を恐れて去って行った。ある日クレイは、木に縛られてカラガラ蛇による拷問をうけているベントリーとアビー(イヴォンヌ・デ・カーロ)を救った。踊り子のアビーはカリフォニアへ行く途中、ベントリーと道連れになり、ベン一味の報復をうけてしまったのだった。クレイはベントリーからベン一味がキャレクシコへ行ったことを知り、3人で旅をつづけた。途中ベントリーはクレイの不意を襲って逆に殺された。そしてクレイとアビーは次第に惹かれ合うようになって行った。ある日クレイがインディアンに襲われているところを救ってやったレブは、賞金目当てにお尋ね者を殺して歩く男で、ベンを仕止めて賞金をとろうと、一行に加った。クレイに追われることを知ったベンはある小屋に手下を2人残してクレイを待伏せさせた。しかしクレイはこの2人を射殺し、アビーとレブを小屋に残して、ベンが行ったアパッチの宿営地へ進んで行った。間もなくアパッチが小屋を襲ってレブを射ち、アビーを攫って行った。銃声を聞いて小屋に戻ったクレイは直ちにアパッチの宿営地にのりこんだ。ここにはアビーもベンもいた。クレイはディルガディトに、ベンとの決闘を申込み、アパッチの見守るうちに2人は相対した。先に発射したベンの弾丸はそれ、彼は卑怯にも逃げ出そうとしたが、デルガディトがその背に槍を投げて、命を断った。アパッチ族の去った後、アビーとクレイは明るい未来を胸に抱きながら、その場をあとにした。

「死闘の丘」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「死闘の丘」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955年6月6日
製作会社 アライド・アーチスツ映画
レイティング
カラー/サイズ カラー

「死闘の丘」のみんなのレビュー

「死闘の丘」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。