少年の町

しょうねんのまち
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「テスト・パイロット」「我は海の子」のスペンサー・トレイシーと「海国魂」「我は海の子」のミッキー・ルーニーとが主演する映画で、ドア・シャーリーとエリノア・グリフィンが書下ろしたストーリーを「大都会」のドア・シャーリーとが協力脚色し、「アヴェ・マリア」「五つ児王国」のノーマン・タウログが監督にあたり、「二国旗の下」「人妻日記」のシドニー・ワグナーが撮影したもの。助演者は「グレート・ワルツ」のヘンー・ハルを始め、「群衆は叫ぶ」のジーン・レイノルグ、「フランダースの少年」のフランキー・トーマス、「ステラ・ダラス(1937)」のジミー・バトラー、新顔の子役ボッブス・ワトスン等の子役たち、「情無用ッ」のエドワード・ノーリス、「探偵合戦」のレスリー・フェイトン等の面々である。

「少年の町」のストーリー

神父フラナガンはある大都会の貧民収容所を経営している理想家肌の人だったが、食うことと寝ることより他に考えない彼らを善導するのは、非常に困難な仕事だった。ある時、殺人犯ダン・ファローが死刑を執行される前にフラナガンに向い、「自分がもしよう少年時代に人の愛を知っていたならば正道を歩いたであろう」という告白を聞いて、家なき子供を救うのが一生の仕事であると決心した。彼は質屋を営む親友でイヴ・モリスの財政敵援助を受け、まず小さな少年収容所を儲けて家庭的に世話をした。始めは経営困難だったこの事業も次第に収容人員が増して来たので、郊外に土地を求める金を神父はデイヴに懇願した。かくして彼の夢は実現され、たてられたセッツルメントは小さな町を形づくり、子供たちの中から町長を選ぶほどに立派になった。彼らは独立自尊の精神を守り、かつての浮浪少年たちは正直で立派な人間と変った。しかしこの町を維持していくには多額の金が要るので、デイヴは寄付金を募るように提案したが、思うように集まらなかった。その頃入獄している有名なギャングのジョウ・マーシュは、弟ホワイティの身の上をフラナガンに依頼した。彼は手に負えぬ不良で他の子供たちを悩ましたが、規則正しいここの生活に耐えられず、ついに逃げ出そうとした。彼の唯一の友達である6歳のビイ・ウイは、その後を追って道路へ出たとき、自動車にひかれて負傷を負った。責任を感じたホワイティはあてどもなく都会を歩き廻っている内、銀行が襲撃されている現場に通りかかった。強盗の中には脱獄したジョウが居た。思わずホワイティが呼びかけたとき、仲間の拳銃に足を打たれて倒れたので、ジョウは彼を教会に運びフラナガンに電話でそれを報せた神父は直ちにホワイティを町に連れ帰ったが、警察の嫌疑が少年の上にかかったのはもちろん、世間もこの事件から少年の町を白眼視するに至った。ホワイティは誰が盗みを働いたかを口を割らなかったが、町に迷惑をかけるのを恐れてジョウの隠れ家に出向き、一刻も早くここを立ち退いてくれと頼んだ。彼が秘かに抜け出すのを見た少年たちは後をつけ、大挙して隠れ家に向いついにギャングを捕えた。この話はたちまち全国に広まり、寄付金はだんだんと集まった。そして今はすっかり真面目な少年になったホワイティは、少年一同の推挙によって町長に選ばれた。

「少年の町」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「少年の町」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 M・G・M映画
配給 MGM映画
レイティング

「少年の町」のみんなのレビュー

「少年の町」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/22

ジェフリー・ディーン・モーガン(1966)

ブレイン・ゲーム

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスと「ロブスター」のコリン・ファレル競演のスリラー。FBI捜査官から連続殺人事件の捜査に協力を求められたクランシー博士。人並み外れた予知能力を持つ博士は、容疑者が自身以上の能力を持っていることに気づく。出演は、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン、「ジオストーム」のアビー・コーニッシュ。監督は、「トゥー・ラビッツ」のアフォンソ・ポイアルチ。

ランペイジ 巨獣大乱闘

アーケードゲーム『RAMPAGE』を基に「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン主演で映画化したパニック・アクション。ある遺伝子実験の失敗により巨大化、狂暴化したゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが街を舞台に大乱闘を始める。出演は、「ムーンライト」のナオミ・ハリス、ドラマ『ビリオンズ』のマリン・アッカーマン、ドラマ『GIRLS/ガールズ』のジェイク・レイシー、ドラマ『トゥルーブラッド』のジョー・マンガニエロ、ドラマ『ウォーキング・デッド』のジェフリー・ディーン・モーガン。監督は、「カリフォルニア・ダウン」のブラッド・ペイトン。
マルコム・バレット(1980)

ハート・ロッカー

イラクの最前線に駐留を続ける米軍爆弾処理班の危険で過酷な任務の実態を描く。「告発のとき」の原案担当マーク・ボールの現地取材に基づく脚本を、「K-19」のキャスリン・ビグローが監督。全米監督協会賞などで監督賞を受賞したほか、オスカー9部門にノミネート。主演は「ジェシー・ジェームズの暗殺」のジェレミー・レナー。

NEW今日命日の映画人 4/22

該当する人物がいません