殺したいほど愛されて

ころしたいほどあいされて
上映日
1984年9月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

若い絶世の美女を妻にもった国際的な指揮者の妄想を描くコメディ。製作はマーヴィン・ワースとジョー・ワイザン、エグゼキュティヴ・プロデューサーはダニエル・メルニック、監督は「プライベート・ベンジャミン」のハワード・ジーフ。プレストン・スタージェスの原案を基にヴァレリー・カーティン、バリー・レヴィンソン、ロバート・クレインが脚色。撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はビル・コンティ、編集はシェルドン・カーン、プロダクションデザイナーはアルバート・ブレナー、衣裳はクリスティー・ジーが担当。出演はダドリー・ムーア、ナスターシャ・キンスキー、アーマンド・アサンテ、アルバート・ブルックス、キャシー・イエーツ、など。

「殺したいほど愛されて」のストーリー

クロード・イーストマン(ダドリー・ムーア)は、世界的に知られている音楽指揮者である。彼は、ヴェネチアで知り合った新進女優ダニエラ(ナスターシャ・キンスキー)と結婚。絶世の美女でしかも20歳という彼の年齢の半分くらいの若い妻との生活は、人も羨むものだった。しかし、それゆえに悩みもあった。演奏旅行中、彼女を1人にしておくのが心配なのだ。その間、料理係兼世話役のジュゼッペに見張らせ、ジュゼッペは、私立探偵までつけてダニエラの行動を追った。演奏旅行から帰ったクロードは、早速、私立探偵ジェス(R・B・シュル)が盗み撮りしたビデオを見た。ビデオの故障で画面の半分が消えて肝心の部分は見えなくなっていたが、アーガイル模様の靴下をはいた男が深夜に、彼女の部屋を訪れていることがわかった。クロードは、楽団の若いハンサムなプレイボーイのバイオリニスト、マックス(アーマンド・アサンテ)を疑う。クロードはカボチャ型のブローチをダニエラにプレゼントし、それと同じものをクロードのエージェント、ノーマン(アルバート・ブルックス)の妻カーラ(キャシー・イエーツ)も持っていた。オーケストラ合わせのテストの間、ダニエラはホテルに昼寝をしに帰っており、その間に、クロードの妄想はふくらみ、ジェラシーでにえたぎっていた。マックスの靴下が、アーガイル模様であること、マックスの部屋にカボチャ型のブローチが落ちていたことでそのジェラシーは頂点に達した。家に帰ったクロードの不機嫌な原因がわからないダニエラ。チャイコフスキーのバイオリン協奏曲ニ長調作品35の演奏会の日、指揮をしながら、遂にダニエラ殺しの完全犯罪を企てるクロード。その夜はハロウィーンにあたっていたので、ダニエラとマックスの3人でパーティーに行くことにして、計画を実行するクロード。クロードの家で、マックスはブタのマスク、ダニエラは黒い装い、そしてクロードは老人のマスクをつけて、町へと出た。レストランで食事をしている際、「死ぬ覚悟を…」というセリフの入った『アルメニアのふたごのはなし』という小ばなしをしてテープに録音した。後で編集しなおして重要な証拠にするのだ。食後、クロードの家に戻った3人。ダニエラが着がえている間にマックスに睡眠薬をのませ、その間に、クロードは計画通りに犯行を進める。しかし、全てが予定を裏切った運びとなり、意外な展開に。結局最後には、マックスの相手が、カーラであったことがわかり、クロードは、ダニエラの胸に抱かれるのだった。

「殺したいほど愛されて」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「殺したいほど愛されて」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1984年9月15日
製作会社 ジョー・ワイザン/マーヴィン・ワース・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「殺したいほど愛されて」のみんなのレビュー

「殺したいほど愛されて」のレビューを書く

「殺したいほど愛されて」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。