殺したい女

ころしたいおんな Ruthless People
上映日
1986年12月13日

製作国
アメリカ

上映時間
93分

ジャンル
コメディ ドラマ

ここが見どころ

妻を殺そうと計画していた男が、妻が誘拐されて大喜びという喜劇。製作はマイケル・ペイサー。エグゼクティヴ・プロデューサーはリチャード・ワグナー、ジョアナ・ランカスター、ウォルター・イエットニコフ、監督は「フライングハイ」のジム・エイブラハムズ、ジェリー・ザッカー、デイヴィッド・ザッカーのトリオ。脚本はデール・ローナー、撮影はジャン・デボン、音楽はミシェル・コロンビエが担当。出演はべット・ミドラーほか。

「殺したい女」のストーリー

ニュー・ファッションで大金持になったサム(ダニー・デヴィート)は財産目当てでもらった女房のバーバラ(ベット・ミドラー)が嫌になり、その殺害計画を情婦のキャロル(アニタ・モーリス)に嬉々として話す。車ごと断崖から突き落とそうと、クロロフォルムを手に帰宅した。ところが、彼女の姿がない。電話があって「バーバラを誘拐した。身代金は50万ドル、警察にしゃべると生命はない」という。喜んだ彼は早速警察に通報した。犯人のケン(ジャッジ・ラインホールド)とサンディ(ヘレン・スレイター)夫婦はバーバラを地下室にとじこめるが、わがままなバーバラに手を焼く。もともとサンディのデザインをサムが盗んで大儲けした分を取り戻そうという考えでバーバラを殺す気など始めからない。サムはいつ殺してくれるかと思っているから、身代金を払う気などなく、1万ドルに値下げしても相手にしない。キャロルはサムと一緒になる気などなく、サムのバーバラ殺害現場を若い情夫のアール(ビル・プルマン)にビデオ録画させた。断崖にきたのは男とコールガールで、2人は大ハッスル。サムをおとしいれるためビデオを見ずに警察署長(ウィリアム・G・シリング)に送りつけた。ところが、署長がビデオの人物だった。一方、バーバラとサンディは意気投合し、サムが1万ドルでも払おうとしないことを聞くと、彼の腹の内を読み、サンディとケンに協力し、亭主の全財産を奪う計画をたてた。キャロルは署長に電話で圧力をかけ、署長はサムを仕方なく調べ始めた。サムは200万ドル以上の身代金を要求され、それを払わないと自分があやしまれるとあって、仕方なくOKする。身代金を横取りしようとアールが出現したり、大混乱のすえ、ケンが車で逃走し、波止場から海へ。水上に浮かびあがる札束をつかもうと人々が海へとび込む。無事発見されたバーバラはサムの尻を蹴り、彼を海中へおとす。そして、大部分の札束を手にして別の浜辺にあがってきたケン、サンディの2人と一緒になる。

「殺したい女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「殺したい女」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1986年12月13日
上映時間 93分
製作会社 ワグナー/ランカスター・プロ(タッチストーン・フィルムズ)
配給 東宝
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「殺したい女」のみんなのレビュー

「殺したい女」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。