此の虫十万弗

このむしじゅうまんどる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ルシル・フレッチャー・ハーマンが書いたラジオ・ドラマ「私の依頼者カーリイ」はノーマン・コーウインの手でコロンビア放送局から放送された。これに基づいてアーヴィング・ファインマンが潤色し、ルイス・メルツァーとオスカー・ソウルが共同で脚色し、アレクサンダー・ホールが監督したもの、主役は「コンドル(1939)」「花嫁凱旋」等に主演したケーリー・グラントで、ハル・ケムプ楽園の歌手から映画入りした新星ジャネット・ブレアがこの映画で初めて我国に紹介される。この2人の外に「王国の鍵」その他に出演したジェームズ・グリースン、10歳の少年俳優テッド・ドナルドスンが主要な役を演じている。撮影監督はフランツ・プラナー。

みんなのレビュー

「此の虫十万弗」のストーリー

ニューヨークの劇場主ジェリー・フリンは立て続けに当たらぬ芝居を3つも上演したために、自分の所有する劇場をある銀行に抵当に入れ10万ドル借りた金を返済も出来ず、1週間の後には劇場を手離さなくてはならぬ破目に陥り、腐り切って、往来へ出てピンキー・トムスンとファッソの2少年と友達になる。ピンキーは彼に大切にしているボール箱の中を覗けと言う。ジェリーが覗いて見ると、その中には1匹の毛虫がいて、ピンキーの吹くハーモニカの「イエス・サー・ザッツ・マイ・ベビー」の曲に合わせ、尻尾で立ち上って踊るのである。ジェリーはこの前代未聞の珍芸を見てこれで世間をアッと言わせようと思いつき、ピンキーを自分のホテルへ呼び寄せ、新聞記者たちを招待して、踊る毛虫の実演を紹介しようとするが、記者連中はそんな馬鹿なことがあるかと言って、誰も相手にせず帰ってしまう。しかし有名なラジオのアナウンサー、ガブリエル・ハッター氏は、これに興味をもって毛虫カーリーの話をラジオで放送した。彼の話術の巧みさと、彼の教訓とは全米にセンセイションをまき起こした。ジェリーの許へは玩具製造会社などから、カーリーの使用件を譲ってくれと申し込みが殺到する。ウオルト・ディズニーからも2万5000ドルでカーリーの映画化を申し込んで来る。ジェリーはピンキーをパートナーにして、絶対にカーリーを売らぬと約束したが、しかし彼は目前に迫っている10万ドルの必要に抗しかねて、10万ドルならカーリーを売るとディズニーの代表者に告げた。ピンキーの姉のジェニーは、ピンキーが世間から大騷ぎをされるのを好まず、ジェリーの手からピンキーを連れ戻す。しかしピンキーは家を抜け出してジェリーのホテルへ戻って来る。ジェリーはピンキーを自分の許に置くようジェニーを説得する。2人の科学者がカーリーを調べ、現代の奇蹟であると折紙をつけてから、カーリーの名声は圧倒的になり、ディズニーは10万ドルを支払うと申出る。ピンキーはカーリーを手離すことを欲せず、カーリーを抱えて自宅へ逃げ帰る。ジェリーはピンキーにカーリーを渡せと迫り、ピンキーが拒絶すると興奮の余りピンキーの横顔を殴りつけた。彼はしかし自制を取り戻し、ピンキーがカーリーを差し出した時、受け取らずに出て行ってしまう。ピンキーはカーリーの箱に穴が明いて、カーリーの姿が見えなくなったので大騷ぎを始め、全市にわたってカーリー捜査が行われたがカーリーは発見されなかった。フリンはピンキーの自分に対する信頼を裏切ったことに対して自責の念に耐えなかった。彼はピアノの前に座って、カーリーの好きな曲を弾き出した。するとピアノの中から1匹の蝶が舞い出して来た。カーリーは毛虫から蝶になったのである。蝶は音楽に合わせて室内を飛び廻る。窓を明けてやると、それは空高く、舞い上って行くのであった。

「此の虫十万弗」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「此の虫十万弗」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1944
製作会社 コロンビア映画
配給 セントラル映画社
レイティング

「此の虫十万弗」のみんなのレビュー

「此の虫十万弗」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません


「此の虫十万弗」を観ているあなたにおすすめの映画