• TOP
  • 言論の自由

言論の自由

げんろんのじゆう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ピーター・B・カイン氏が特に映画のために書き下したストーリーを、「ある男の過去」と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもので、改作並に撮影台本はJ・グラブ・アレキサンダー氏が撮った。主役を務めるのは「トロイ情史」「痛ましの親心」出演のルイス・ストーン氏で、「足で蹴る恋」「我れ若し王者なりせば」出演のマーセリン・デイ嬢と「珍戦花嫁争奪」「天界の魔王」出演のマルコム・マッグレガー氏とが相手役を演ずる外、「つばさ」「君が為め命捧げん」出演のヘンリー・B・ウォルソール氏も出演する。
ピーター・B・カイン氏が特に映画のために書き下したストーリーを、「ある男の過去」と同じくジョージ・メルフォード氏が監督したもので、改作並に撮影台本はJ・グラブ・アレキサンダー氏が撮った。主役を務めるのは「トロイ情史」「痛ましの親心」出演のルイス・ストーン氏で、「足で蹴る恋」「我れ若し王者なりせば」出演のマーセリン・デイ嬢と「珍戦花嫁争奪」「天界の魔王」出演のマルコム・マッグレガー氏とが相手役を演ずる外、「つばさ」「君が為め命捧げん」出演のヘンリー・B・ウォルソール氏も出演する。

「言論の自由」のストーリー

新聞誌「自由評論」の社長ジョン・バラードは社会の不正に対して飽くもで筆を曲げずに戦い続けて来た。が、彼の息子ビルは遊蕩児で今日から愈々父親の社に出て働くという日に、途上ふとある女性と近づきとなり、社への出勤が遅れた。この女性はジューン・ウェスコットといってこの都会の有力者ダニエル・スティールの被後見人であった。ビルとジューンとは、次第に親しくなって行った。扨て、「自由評論」社長バラードとダニエルとは昔しからの友達であったが、最近バラードがダニエルこそはこの町の市長の背後にひそむ毒手の根源であることを知って以来、互に白眼み合っているのであった。その内に、子供の遊園地が、またまた市の不正な有力者のために鉄道会社に譲渡されて閉止された。で、子供は通りで遊ぶ様になりその中の1人はダニエルの自動車に轢殺されてしまった。バラードは、斯く子供の遊び場所を奪い死に至らしめたるは、ダニエルなりと新聞紙に発表し、更にダニエルに操られる市長選挙当日の朝、より以上の醜事実を公表することを誓った。その前日、ダニエルは配下の者に命じてバラードを暗殺した。ビルは恋人と父親の死と社会のため、との間に立って苦んだが、遂に恋に決裂を来しても社会のために盡すことを決し、父親の遺志を継いで働くこととなった。再びバラードの魔手は伸びて、新聞社を爆発せしめた。が、その間ビルは社員を督励してこの醜事実公表の新聞紙を全部刷り上げさせた。一切は公表せられた。バラードは遂に天命盡きたことを覚り、ジューンをビルの許に行かしめて、自らは短銃にて命を断った。

「言論の自由」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「言論の自由」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1928
製作会社 ユニヴァーサル・ジウェル映画
配給 ユニヴァーサル支社
レイティング

「言論の自由」のみんなのレビュー

「言論の自由」のレビューを書く