グリーン・ベレー

ぐりーんべれー
上映日
1968年7月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争 アクション
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ロビン・ムーアの同名のベストセラー小説を、ジェームズ・リー・バレットが脚色、ジョン・ウェインとレイ・ケロッグの2人が監督したもので、グリーンベレー(アメリカ軍特殊部隊)の勇者たちの活躍を描いた戦争スペクタル・アクション。撮影はアカデミー賞を3度も受賞した(「ジャンヌ・ダーク」「黄色いリボン」「静かなる男」)ウィントン・C・ホックで、ロケ地はジョージア州フォート・ベニング、音楽はミクロス・ローザが担当した。なお技術顧問としてウィリアム・バーンズ中佐とジェラルド・R・ドッズ少佐が協力している。出演はジョン・ウェイン、TV「逃亡者」のデイヴィッド・ジャンセン、「お呼びの時間」のジム・ハットン、ウェインの次男で「シェナンドー河」のパトリック・ウェイン、「モダンミリー」のジャック・スーなど。製作はウェインの長男マイケル・ウェインである。

「グリーン・ベレー」のストーリー

北カリフォルニア州にあるジョン・F・ケネディ・スクールは“グリーン・ベレー”の異名で名高いアメリカ特殊部隊の若者たちが、ベトナムでの実戦にそなえて、さまざまな特殊訓練を受ける学校である。ある日、歴戦の勇士カービー大佐(ジョン・ウェイン)が訪れ、この中から精鋭を選んで、2つの部隊を編成する、と発表した。そしてピーターソン軍曹(ジム・ハットン)、プロボ軍曹、マルドーン曹長らが選ばれた。数日後、ベトナムのダナン近郊。カービー大佐はベトナム政府軍からの協力者カイ大佐(ジャック・スー)と会見、ベトコン地区の真っ只中に建設中のキャンプ完成を急ぐことにした。この戦争には懐疑的な従軍記者ベックワース(デイヴィッド・ジャンセン)も同行。子供好きのピーターソンは8歳の現地人孤児ハムチャンクと親しくなり、少年はキャンプ一帯のマスコットとさえなった。だが平和は、ほんのひととき。ベトコンの奇襲、味方にいたスパイの摘発など部隊の仕事は、たえまなく続いた。そして山岳原住民の協力を得たのも束の間、一夜にして彼らは全員殺されてしまった。政府軍への協力を決意した集落の民に対するベトコンの残酷な報復であった。ある夜、キャンプはベトコンの総攻撃にあい、グリーンベレーの勇士たちも次々と倒れていった。悲惨な死と血の匂いがあふれる戦場で、従軍記者ベックワースは、この現実を世界に知らせねばならぬという自らの任務に、あらたな決意を燃やすのだった。一度はベトコンに奪われたキャンプも奪還した。次の戦略はベトコンのリーダー、ファン・ソン・ティを捕えることである。彼が思いをよせているベトナム人女性でカイ大佐の弟の妻リンを、おとりに使い、見事、捕らえることに成功した。だが部隊も何人かの勇士を失った。ハムチャンク少年が兄のように慕っていたピーターソン軍曹も敵の策略で命を落した。形見のグリーンベレーを渡されて泣きじゃくる少年に、カービー大佐は“我々は君のために戦っているのだよ”と勇気づけるのであった。少年の手をひき、夕陽の中をキャンプに帰る大佐の背が、何故か急に年老いたようであった。

「グリーン・ベレー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「グリーン・ベレー」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争 アクション
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968年7月20日
製作会社 バトジャック・プロ
配給 ワーナー・ブラザース・セブン・アーツ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「グリーン・ベレー」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません