唇からナイフ

くちびるからないふ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ピーター・オドンネルの新聞連載の人気漫画『モデスティ・ブレィズ』を、「エヴァの匂い」のエヴァン・ジョーンズが脚色、コンビのジョセフ・ロージーが監督したスパイ映画。撮影は「サーカスの世界」のジャック・ヒルドヤード。音楽はジョン・ダンクワースが担当した。出演は「赤い砂漠」のモニカ・ビッティ、「コレクター」のテレンス・スタンプ、「戦艦デファイアント号」のダーク・ボガード、「華麗なる激情」のハリー・アンドリュース、「俺の彼女は16トン」のマイケル・クレイグ。製作はジョセフ・ジョニー。

「唇からナイフ」のストーリー

イギリスは、中東マサラ国の石油資源を獲得し、マサラ国の元首シークの要望をいれ、その見返りとして、価格5000万ポンドに相当するダイヤを送ることになった。ところが、イギリス秘密情報部長タラント卿は、このことを察知した国際ギャング団が、ダイヤを狙って暗躍しはじめたという情報を知った。そこでタラント卿は、このダイヤを守るべく、札つきの女賊モデスティ(モニカ・ビッティ)を口説きおとして、ダイヤ護衛にあたらせることにした。つまり、毒をもって毒を制するというわけだ。モデスティは、この件を引き受ける交換条件に、長年の相棒ウィリー(テレンス・スタンプ)を仲間として加えることを約束させた。また、このウィリーとモデスティは、シークがマサラ国でクーデターを起こしたとき、この闘いに協力して、シークの絶大な信用を得ていた。一方、南地中海のとある島を本拠地とする、バシリオ(サーロ・ウルツィ)を首領とするギャング団は、巧みにモデスティを誘い出し、さらに、モデスティの後を追ってやって来たウィリーをも捕まえた。そして、ダイヤが保管されてある、汽船タイボリア号に、ウィリーを海中から船腹に孔をあけて潜入させ、まんまとダイヤを盗みだした。だが、モデスティは、色仕掛けで番人を篭絡して片づけ、僧侶に化けて、同じく監禁されていたウィリーを助けだした。ところがダイヤを奪い返して逃走の途中、2人は一味に見つかり、窮地におちいった。が、危機一髪ウィリーが放った、人工の伝書鳩をみつけたシークが、一隊を率いて駆けつけ、激しい戦闘の末、ガブリエル一味は敗退した。ダイヤは無事シークの手に渡った。

「唇からナイフ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「唇からナイフ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1966
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「唇からナイフ」のみんなのレビュー

「唇からナイフ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません


「唇からナイフ」を観ているあなたにおすすめの映画