キング・ホース

きんぐほーす
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

名馬レックス号を主役とする映画で、従来女監督だったアール・ヘイリーの監督昇進処女作品である。ジョージ・B・サイツ総指揮の基にアリゾナにロケーションして撮影されたもの。原作は監督ヘイリーが執筆し、フレッド・マイトンが脚色にあたった。レックス号を助けれ牝馬レディー号、悪漢役マーキス号が出演するが、人間の助演俳優は「紐育の仇討」のウィリアム・ジャニー、「処女読本(1932)」のドロシー・アップルビー、「消えゆく国境」のウォーレス・マクドナルド、「地下鉄殺人事件」のハリー・シーメルス等で、キャメラはベンジャミン・H・クラインの担任である。

「キング・ホース」のストーリー

政府派遣の馬匹検査官と称するクリント・ボーリングはアリゾナの北部ナヴァヨインド人集落付近の広野に放牧の状態にされている野馬を捕獲しようと無頼の徒を引き連れて乗り込んで来た。この馬群の指導者はレックスという精悍な黒馬だった。ちょうど成人の歳に達した酋長の息子レッド・ウルフは、父の命によりレックスを生け捕ることとなり、広野を馳駆した末、流砂地に追い詰めて捕えることができた。レッド・ウルフはレックスに夢中になって許婚者ワニマのことさえ忘れがちであった。レッド・ウルフを愛しているワニマはそのために嫉妬を起こすという騒ぎさえ持ち上がった。ボーリングはレックスの健康を調べるという名目でやって来て、あわよくば射殺しようという腹だった。しかしいかにも病馬とは言えないのでボーリングは腹いせにレックスを揶揄し虐待した。人の性質を鋭い直感で悟るレックスはボーリングを憎悪し、檻を破って彼に復讐しようと追跡した。一方ワシントンからクリント・ボーリングなる者は政府派遣の検査官でも何でもない詐欺漢であると知らせがあったので、集落では彼を捕えんと追跡隊を組織した。他方ボーリングはレックスを失って指導者が無くなっている馬群を、自分の馬マーキスを使って巧みに捕獲しようとしていた。折柄現われたレックスは馬群を呼び戻し、マーキスに飛び掛かってついに倒した。怒ったレックスはさらに逃れんとするボーリングを鉄蹄に蹂躪してしまった。かくてレッド・ウルフはレックスを愛人ワニマの軒につなぎ求婚の贈り物とした。

「キング・ホース」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「キング・ホース」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 コロンビア映画
レイティング

「キング・ホース」のみんなのレビュー

「キング・ホース」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「キング・ホース」を観ているあなたにおすすめの映画