恐竜時代

きょうりゅうじだい When Dinosaurs Ruled
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ ラブロマンス

ここが見どころ

前史時代を舞台に、恐竜、爬行動物、食人植物、翼竜などが徘徊する中で、部族を異にする若い男女の恋を描く。製作は「恐竜100万年」の女性プロデューサーのアイダ・ヤング、監督・脚本は「007/カジノ・ロワイヤル」のヴァル・ゲスト、撮影はディック・ブッシュ、音楽をマリオ・ナシンベーネ、美術はジョン・ブレザード、編集はピーター・カラン、特殊効果をアラン・ブライス、ロジャー・ディッケン、ブライアン・ジョンコック、特殊視覚効果はジム・ダンフォースなどがそれぞれ担当。出演は「ローズマリーの赤ちゃん」のビクトリア・ヴェトリ、ロビン・ホードン、「将軍たちの夜」のパトリック・アレン、「駆逐艦ベッドフォード作戦」のショーン・キャフリー、「地獄艦隊」のマグダ・コノプカ、「長い長い決闘」のイモゲン・ハッサルなど。

「恐竜時代」のストーリー

燃えたぎる太陽から飛び散った火の玉が冷え、月となった。地球に住む原始時代の岩族の人々は、突如、地表に生まれ出た隆起を美女サンナ(ビクトリア・ヴェトリ)の責めに帰して、彼女に死を宣告した。自然の驚異をしずめるために彼女をいけにえにしようというのだった。かろうじて“いけにえの儀式”を逃れたサンナは、大龍巻に吹き上げられて大洋に落ち、あぶないところを漁師タラ(ロビン・ホードン)に助けられる。赤銅色に逞しいタラは岩族の隣に住む砂族の人間であった。タラに恋の炎を燃やしていた少女アヤク(イモゲン・ハッサル)は、サンナに対するタラのうち込みように激しい嫉妬を覚えるのであった。サンナを脅かしたのはアヤクだけではなく、太陽に対するサンナの侮蔑が天空に恐ろしい劫火をもたらしたと信じる岩族首長のキングサー(パトリック・アレン)もそうであり、彼はどこまでも追ってきた。おかげでサンナは、怪物や大蛇や、食人植物の徘徊する土地を逃げ廻り、とうとう恐竜の住処にたどりつき、彼らに迎え入れられて住みつくことになった。一方、サンナの行方を探しに出たタラは、三頭獣に襲われて傷ついていた岩族の戦士ケイン(ショーン・キャフリー)を救い、看護をウリド(マグダ・コノプカ)にまかせた。傷が癒えたケインを岩族に送り返しにいったタラは、帰路、夢にも忘れえぬサンナが恐竜に追われて逃げているのを見つけ、助けに走る。しかし、追われていたのではなく、彼女が恐竜と遊んでいたのを知り、驚いた。そして、しばらく2人は恐竜の谷間に幸せな時を過ごす。しかし、サンナが岩族に発見されてしまう。久し振りに集落に帰ったタラはキングサーの来訪を受け、非難を浴びる。サンナの居場所を喋らぬタラに業をにやした連中は、燃えるイカダに彼をしばりつけ、大海に放り出してしまう。かろうじてイカダから逃げたタラは、大蟻に襲われているサンナを助けに戻って、再び2人とも捕えられてしまい、浜辺で火あぶりの刑に処せられることになった。その時である。月の引力が初めて地球の潮の満ち引き現象をもたらし、大津波が島を洗って、すべてのものを海にもち去った。タラとサンナとケインとウリドは互いに助け合ってイカダで難を逃れる。津波の脅威が去った浜辺には、累々たる死体の山が残っていた。生きながらえた4人は、新しい世界へ、未知の世界をめざすことにした。やにわに月の光がその明るさを増し、彼らを招くような輝かしさを示していた。

「恐竜時代」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「恐竜時代」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1970
製作会社 ハマー・フィルム作品
配給 ワーナー
レイティング

「恐竜時代」のみんなのレビュー

「恐竜時代」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません