ガンヒルの決斗

がんひるのけっとう Last Train from Gun Hill
上映日
1959年11月4日

製作国
アメリカ

上映時間
95分

ジャンル
西部劇
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「八十日間世界一周」のジェームズ・ポーのオリジリル・シナリオを「OK牧場の決斗」のジョン・スタージェスが監督した西部劇。撮影は「OK牧場の決斗」のチャールズ・ラング。出演は「ヴァイキング」のカーク・ダグラス、「黒い蘭」のアンソニー・クイン、「拳銃の罠」のアール・ホリマン。他にキャロリン・ジョーンズ、ブライアン・ハットン、ジヴァ・ロダンら。製作ハル・B・ウォリス。

みんなのレビュー

「ガンヒルの決斗」のストーリー

オクラホマ州、平和町ポーニー。テキサス州から遊びに来た2人の若者リック(アール・ホリマン)とリーは、酒の勢いでインディアンの女を殺してしまった。その女はカザリン(ジヴァ・ロダン)といい、保安官マット(カーク・ダグラス)の妻だった。妻の死を目撃したマットの子供が、リックの馬に乗って父に知らせにいった。マットはその馬の鞍を一目みて、それがリックの父で親友のクレイグ(アンソニー・クイン)の物とわかった。2人は10年間も会っていず、クレイグはガン・ヒルで大牧場を経営していて、その付近一帯の顔役だった。マットはガン・ヒル行の列車に乗った。汽車の中で彼はクレイグの情婦(キャロリン・ジョーンズ)にあった。彼女は、クレイグがリックを溺愛するのが不満だった。リックは父に馬は酒場で盗まれたといってポーニーでの真相を話さなかった。クレイグはリックとの再開を喜んだ。マックは例の鞍を返した。が、事件の真相を知り驚いた。息子の話をそのまま伝えた。マックはもちろん嘘だと知っていた。死んだ妻が犯人につけた頬の傷と、リックの傷が一致した。犯人はリックと確定した。クレイグはマックにリーを逮捕して息子を見逃してくれと頼んだ。マックは拒絶して牧場を出た。町の酒場でリックを逮捕した。クレイグの息のかかった町の人々はマックの仕事を妨害した。彼はリックに手錠をかけてホテルに入った。最終列車まで6時間待たねばならなかった。ガン・ヒルのシェリフさえもクレイグににらまれるのを恐れて、マットを援助することができなかった。リンダはただ1人マットの味方になり、ホテルにライフル銃をとどけた。クレイグは乾分たちにホテルを包囲し、町を封鎖することを命じた。彼はマットの部屋へ行き、今一度息子を許してくれと頼んだ。彼は拒絶した。列車の汽笛が聞こえて来た。マットはリックのノド元にライフル銃を当てホテルを出た。2人が乗った馬車が駅に近づいた時、酔ったリーが拳銃をかまえてかけ寄った。リーの撃った弾丸はリックにあたり、彼もマットに撃たれて死んだ。これを見たクレイグは、息子の仇とマックに決闘を挑んだ。マットは嫌った。倒れたのはクレイグだった。妻の仇を撃ったものの、親友を1人失ったマットは、傷心の身を最終列車に運んだ。

「ガンヒルの決斗」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ガンヒルの決斗」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1959
公開年月日 1959年11月4日
上映時間 95分
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ガンヒルの決斗」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。