壁の中に誰かがいる

かべのなかにだれかがいる The People under the Stairs
上映日
1992年4月11日

製作国
アメリカ

上映時間
102分

ジャンル
ホラー

ここが見どころ

からくり館に足を踏み入れたひとりの黒人少年が体験する恐怖を描くホラー映画。監督・脚本は「エルム街の悪夢」のウェス・クレイヴン、製作はマリアンヌ・マダレーナとスチュアート・M・ベッサー、エグゼクティヴ・プロデューサーはクレイヴンとシェップ・ゴードン、撮影はサンディ・シセル、音楽はドン・ピークが担当。

「壁の中に誰かがいる」のストーリー

スラム街育ちの少年フール(ブランドン・アダムス)は、母と姉のルディ(ケリー・ジョー・ミンター)の3人で暮らしていた。母と姉の入院費を稼ぎ出そうとするフールだったが、13歳の少年には無理な話。そんな折、アパートの家主(エヴェレット・マッギル)から、3倍の家賃を払えなければ立ち退けと命じられる。姉の友達のリロイ(ヴィング・レイムス)とスペンサー(ジェレミー・ロバーツ)は、フールとともに家主から金貨を盗み出そうと計画する。スペンサーが下見に行くが戻って来ない。家主とその妻(ウェンディ・ロビー)が出掛けている間にリロイとフールは家に忍び込むが、そこでスペンサーの死体を発見。家主の娘アリス(A・J・ランガー)はすぐ出て行くように言うが、フールは耳を貸さない。そこへ家主夫妻が戻って来た。リロイは殺され、追い詰められたフールは必死で扉の中に逃げ込み、隠し通路を発見した。抜け出した彼に、待っていたアリスが語る恐ろしい秘密。絶対服従の子供を育てようとする家主の欲望のため、彼女は一度も外へ出たことがなかったのである。2人は逃げ出そうとするが、アリスは捕まってしまう。警察に話すが信じてもらえないフールはひとりでからくり館に再び乗り込み、家主夫婦を倒す。アリスは初めて家の外へ出るのであった。

「壁の中に誰かがいる」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「壁の中に誰かがいる」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1991
公開年月日 1992年4月11日
上映時間 102分
製作会社 アライヴ・フィルムズ作品
配給 ユニヴァーサル=UIP
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「壁の中に誰かがいる」のみんなのレビュー

「壁の中に誰かがいる」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません