火星地球を攻撃す

かせいちきゅうをこうげきす
製作国
アメリカ

ジャンル
SF

ここが見どころ

連続映画「フラッシュ・ゴードンの火星旅行」を再編集してフィーチァアとしたもので、「超人対火星人」と同じくラリー・バスター・クラブとジーン・ロジャースが主演する。同じくアレックス・レイモンド作の新聞漫画に取材してレイ・トランプとノーマン・S・ホールが脚本を執筆し、「猛獣国横断」「世界航空戦」の共同監督フォード・ビーブがロバート・ヒルと協力監督し、ジェリー・アッシュが撮影した。助演者は「東への道」のチルス・ミドルトン、「地獄街」のビートリス・ロバーツ、フランク・シャノン、ドナルド・カー、リチャード・アレクサンダー等である。

「火星地球を攻撃す」のストーリー

火星国の明王アヅラ女王はニトロン光線の威力によって地球を爆破せんと計画する。地球ではゴードンとザーコフ博士、ゴードンの恋人デール、新聞記者ハビーを伴いない、火星艇に搭乗して火星へ乗り込み地球の危急を救おうとするが、不幸不時着をする。そこには女王の魔術によって生存する穴居人軍がいた。ゴードンと博士は女王を捕えてニトロン光線器をうち砕かんと、2人を残して出発したが、かえって捕えられてしまう。そこへ後の2人も到着して一緒に脱走したが、この時明王を敵視するバリン王子と出会い、再び明王とアヅラを攻撃した。明王はいち早く脱走し、部下に命じて爆弾でアヅラを殺させる。彼女は臨終の時、ゴードンに白サファイアを与え、この宝石を以て穴居人を救ってくれと頼む。ゴードン一行は勇躍明王の宮殿へ殺到し、見事彼を滅ぼして凱歌を奏しつつ地球へ着陸、絶大な歓迎を受ける。

「火星地球を攻撃す」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「火星地球を攻撃す」のスペック

基本情報
ジャンル SF
製作国 アメリカ
製作年 1938
製作会社 ユニヴーサル映画
配給 ユニヴァーサル映画
レイティング

「火星地球を攻撃す」のみんなのレビュー

「火星地球を攻撃す」のレビューを書く

「火星地球を攻撃す」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/18

リック・モラニス(1953)

ブラザー・ベア

大自然を舞台に、生命の素晴らしさと尊さを描いた感動のディズニー・アニメーション。ふとしたことからクマに姿を変えられてしまった青年と、母を探す子熊が出会い、様々な困難を力を合わせて乗り越えていく中で、青年と子熊の間にいつしか実の兄弟のような絆が芽生えていく。声の出演はホアキン・フェニックス。

フリント・ストーン モダン石器時代

スティーヴン・スピルバーグが主宰するアンブリン・エンターテインメントの10周年記念作で、日米で好評を博したハンナ=バーベラ・プロのTVアニメ『原始家族』を実写で映画化したSFコメディ。太古の地球とそっくりでありながら、自然と文明が不思議に調和した町ベッドロックを舞台に、ごく平凡な会社員一家が巻き起こす騒動を描く。珍奇な日用品や建物の数々はじめ、アニメの世界を忠実に再現した映像が見もの。監督は「ベートーベン」のブライアン・レヴァント。脚本は「ゲッティンク・イーブン」のコンビ、トム・S・パーカーとジム・ジェニウェインと、スティーヴン・E・デ・スーザの共同。製作は「フック」のブルース・コーエン、撮影は「ジュラシック・パーク」のディーン・カンディ。音楽はデイヴィッド・ニューマンがスコアを書き、BC52S'というバンドの役で出演もしているロックグループのB-52S'、アル・ヤンコヴィックらが挿入曲を提供。SFXはILMが担当。主演は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジョン・グッドマン。共演は「ジャイアント・ベビー」のリック・モラニス、「ビッグ」のエリザベス・パーキンス、「トライアル 審判」のカイル・マクラクラン、「クリスタル殺人事件」のエリザベス・テイラーほか。
トム・ヒューズ(1986)

ジョーンの秘密

イギリス史上、最も意外なスパイの実話を基に、ジュディ・デンチ主演で映画化。2000年5月、ロシアのKGBに核開発の機密を漏洩していた“核時代最後のスパイ”が、MI5の手によって暴かれる。しかし、その人物はジョーン・スタンリーという80代の老女であった。共演は「ムーン・ウォーカーズ」のスティーヴン・キャンベル・ムーア、「死霊院 世界で最も呪われた事件」のソフィー・クックソン、「フラワーショウ!」のトム・ヒューズ。監督は、RSCの演出家としても知られる「十二夜」のトレヴァー・ナン。

マダムのおかしな晩餐会

パリの上流社会を舞台に繰り広げられるロマンティック・コメディ。裕福なアメリカ人夫婦アンとボブは、セレブな友人たちを招いて豪華ディナーを開催。だがひょんなことから身分を隠したメイドが紛れ込み、何も知らない客の紳士が彼女に一目惚れしてしまい……。出演は「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、「グランド・ブダペスト・ホテル」のハーヴェイ・カイテル、「ジュリエッタ」のロッシ・デ・パルマ。監督は、フランスの新鋭アマンダ・ステール。脚本をアマンダ・ステールと「クリムゾン・ピーク」のマシュー・ロビンスが務める。