青きダニューヴの夢

あおきだにゅーぶのゆめ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「オーケストラの少女」「天使の花園」と同じくジョー・パスターナク製作、ヘンリー・コスター監督のディアナ・ダービーン主演映画で、かつてフランツィスカ・ガール主演で映画化されたエルンスト・マリシュカ力作のオリジナル物の再映画である。脚本は「新婚第一歩」「庭の千草」と同じくプルース・マニングとフェリックス・ジャクソンが協力し、撮影は「ホノルル航路」のジョセフ・ヴァレンタインが指揮した。1940年作品。助演者は「嵐の青春」「カナリヤ姫」のロバート・カミングス、「炎の女」のミッシャ・オーア、「姉妹と水兵」のヘンリー・スティーブンソン、「氷上の花」のS・Z・サコール、「春の序曲」のウォルター・カトレット等である。

「青きダニューヴの夢」のストーリー

ハンガリーの村娘イロンカが、市へ山羊売りに出掛けて、占師に見てもらうと、運はウィーンで開ける、夫は芸術家、偉い有力者が友達となる、しかし真の愛が棒で頭をたたくだろうという運命判断が出た。馬鹿げた占に腹を立てたが、山羊の買手が現れたので、その取引で夢中になった。その買手は熱烈なダンスファンで、結局山羊と代金をかけてダンス競争をすることとなった。目のまわるようなダンスが続き男の方はへたばってしまった。イロンカは拍手の中を山羊を引いて歩き出したが、もうフラフラだった。乾草の山に倒れ込んだ彼女はそのまま眠ってしまい、眼を覚ますと、星空の下で乾草のベッドがガタガタ動いていた。ウィーンのパン屋テシェックの荷馬車の上で眠っていたのである。途方に暮れたイロンカは、1週間したら市へ行くからそれまで泊まっていけと、勧められるままに運はウィーンで開けるというその運だめしをすることになる。テシェックは皇帝お気に入りのパン作りの名人であった。翌朝イロンカがパン屋の2階から近衛兵の行進を見下すと、美男子の太鼓手が今晩8時にと誘った。夫は芸術家のはず、兵隊なんかまっぴらと思いながら約東のカフェに行くと、太鼓手のハリーは天才的作曲家であることが分かり、愛し合うようになる。軍隊勤務で作曲発表もままならぬと聞いたイロンカは偉い有力者…と皇帝お好みの塩入りパンを作り始める。翌朝皇帝は楽譜とパンとを受け取られた。パンの中から手紙が出た。この曲は無名の天才の作で、その人は軍務に追われています。陛下のお力でお救い下さいませ。ローランド街のパン屋にてーという手紙を侍従達は怒り、テシェックを皇帝毒殺の嫌疑者として引致した。イロンカは皇帝にお目にかかり、テシェックは放免となる。皇帝は天才作曲者のことを聞かれたが、つまらぬ誤解でハリーと喧嘩しているイロンカは、何もお願いしなかった。イロンカはハリーも占もあきらめて故郷の村へ帰ろうと決心した。ところへ宮廷舞踏会の招待状が来た。傷心のイロンカは帰心矢の如く、テシェックと共にお断わりに参内した。皇帝に歌をところ望されたイロンカがオーケストラの方を振り向くと、指揮者はハリーである。止むなくハリー作曲のワルツを歌い出すと、ハリーの指揮棒がイロンカの頭を軽くたたいた。

「青きダニューヴの夢」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「青きダニューヴの夢」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1940
製作会社 ユニヴァーサル映画
レイティング

「青きダニューヴの夢」のみんなのレビュー

「青きダニューヴの夢」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません