快傑ゾロ(1958)

かいけつぞろ
上映日
1958年11月19日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

過去にダグラス・フェアバンクスとタイロン・パワーによって各々演じられたことのある快傑ゾロの物語の、ウォルト・ディズニーよる再映画化。ジョンストン・マッカリーの原作をノーマン・フォスター、ローウェル・S・ホウリー、ボブ・ウェリング、ジョン・メレディス・ルーカスの4人が脚色、ノーマン・フォスターと「戦塵」のルイス・R・フォスターが共同監督した。撮影監督はゴードン・エイヴィル。音楽はウィリアム・ラヴァ。ゾロを演じるのは、テレビ番組の同じ役で人気をとった新人ガイ・ウィリアムス。他にリサ・ゲイ、ヘンリイ・カルヴィン、ブリット・ロモンド等が出演。製作ウィリアム・H・アンダーソン。

「快傑ゾロ(1958)」のストーリー

カリフォルニアがスペイン領だった頃、大地主アレジャンドロの息子ディエゴ(ガイ・ウィリアムス)は、故郷の村々がスペイン司政長官モナステリオの圧政に苦しんでいるのを知り、スペイン遊学を中止し、口の不自由な忠僕ベルナンドをつれて急いで帰郷した。正面きって暴政にたち向かうのは危険なので、ディエゴは表面無能なヤサ男を装い、時がくると黒衣黒覆面の快傑ゾロを名のって現われ、長官の悪業をこらしめた。第1の仕事は反逆罪で捕えられている隣人ドン・イグナシオ・トレスの救出であった。トレスをさらわれた長官は、怒ってトレスの家族を捕え、さらに抗議にきた村人を兵士を使って罠にかけ、ディエゴの父アレジャンドロを死刑にしようとしたが、これもゾロに妨害された。トレスが暴状を総督に訴え、公正な裁判を要求した。しかし長官は腹臣の部下ビナを裁判官にして有罪を宣告させようとした。その時、ゾロの剣がカーテンごしにビナの背にのびて、判決は無罪となった。激怒した長官は、酒場の喧嘩で逮捕した剣の使い手マルティネツをニセのゾロに仕立て、地主一同を招いた客席に現われさせて金品を強奪させたが、席上にいたディエゴが急いでゾロとなって現われ、化けの皮をはいだ。なおも隠れて悪業を重ねたマルティネツはゾロに刺されたが、その時ゾロの正体も長官に悟られた。ディエゴを捕えた長官は、折から視察にきた太守の前に得意気にゾロとしてディエゴをひきすえた。その時、馬上のゾロが疾風のように現われた。スペインでディエゴと旧知の間がらだった太守親娘は彼を自由にして、長官を罷免して無礼を詫びた。釈放されたディエゴを、喜んで迎えたのは、さきほどゾロに扮して現れ、主人の危機を救った召使ベルナンドだった。

「快傑ゾロ(1958)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「快傑ゾロ(1958)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1958
公開年月日 1958年11月19日
製作会社 ウォルト・ディズニー・プロ映画
配給 RKOラジオ映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「快傑ゾロ(1958)」のみんなのレビュー

「快傑ゾロ(1958)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/7

香川照之(1965)

99.9 刑事専門弁護士 THE MOVIE

2016年、2018年に放送された人気ドラマの劇場版。99.9%逆転不可能と言われる事件で無罪を勝ち取ってきた型破りな弁護士・深山のもとに、15年前の天華村毒物ワイン事件に関する依頼が舞い込む。その事件には、謎の弁護士・南雲が関わっていた。出演は、「ナラタージュ」の松本潤、「七つの会議」の香川照之、「妖怪大戦争 ガーディアンズ」の杉咲花。監督は、「仮面病棟」の木村ひさし。

バケモン

17年に渡って落語家・笑福亭鶴瓶に密着、その素顔に迫ったドキュメンタリー。コロナ禍でテレビ番組の収録が中止になった2020年、鶴瓶は1時間を超える上方落語の最高傑作『らくだ』をひっさげ、全国ツアーを開始。そこから覗く芸人・鶴瓶の生き様とは。ナレーションを担当したのは、「七つの会議」の香川照之。鶴瓶と交流の深いテレビ番組の構成演出家・山根真吾が演出・構成・撮影・編集を担当。
ニコラス・ホルト(1989)

モンタナの目撃者

アカデミー賞受賞女優アンジェリーナ・ジョリーの『ソルト』以来11年ぶりのアクション映画。アンジーが人間には太刀打ちできない「大自然の脅威」と凄腕の「暗殺者」に行く手を阻まれながらも、少年を守るために戦う森林消防隊員ハンナを演じる。監督・脚本は「ボーダーライン」(2015)で初脚本を務め、監督デビュー作「ウインド・リバー」(2017)で第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞を受賞したテイラー・シェリダン。「木を切り、火をおこす方法から教わった」と語るアンジェリーナ・ジョリーは、森林消防隊員のハンナを演じることは大自然でのサバイバルの連続だったと語る。過去に壮絶な事件を”目撃”したことで心に大きなトラウマを抱える森林消防隊員のハンナは、暗殺者による父の死を間近で“目撃”し、父が守り抜いた“秘密”のために暗殺者に追われる少年コナーとタッグを組む。背後に迫る凄腕の暗殺者、目前に立ちはだかる広大なモンタナの大自然に燃え盛る巨大な炎―2つの脅威に行く手を阻まれる極限状態で、少年を守り戦うサバイバルサスペンス。

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

かつてミック・ジャガーが「太陽の果てに青春を」で、故ヒース・レジャーが「ケリー・ザ・ギャング」で演じたオーストラリアの伝説の義賊ネッド・ケリーの生涯を、「1917 命をかけた伝令」のジョージ・マッケイ主演で描くパンク精神あふれる反逆ムービー。豪アカデミー賞12部門のうち主要3部門で受賞、カルト・ムービーの巨匠ジョン・ウォーターズ監督が“2020映画ベスト10”に選出。1855年にアイルランド移民の長男として生まれたネッド・ケリーは窃盗や強盗を繰り返した無法者だが、現代でもオーストラリアに「ケリーのように勇敢に(as game as Ned Kelly)」という表現があるほど英雄として人気が高い。本作ではそんなネッド・ケリーを、悲惨な境遇から抜け出そうと苦悩し、怒り闘うひとりの若者として捉えたピーター・ケアリーのブッカー賞(イギリス最高の文学賞)受賞小説を原作に映画化。腐敗した権力に屈することを拒否し、兄弟や仲間たちと“ケリー・ギャング”を結成、国中にその名を轟かす反逆者となったネッドの姿を壮絶に描き出している。母親がネッドを売り渡すブッシュレンジャー(盗賊)のハリー・パワーにラッセル・クロウ、ネッドに屈折した想いを寄せ執拗に追い詰める警官のフィッツパトリックにニコラス・ホルト、ネッドの家族に横暴を尽くすオニール巡査部長にチャーリー・ハナムと豪華キャストが結集。「アサシン クリード」でハリウッドに進出したジャスティン・カーゼル監督が新たな伝説を誕生させた。

NEW今日命日の映画人 12/7

該当する人物がいません