お嬢様お耳拝借

おじょうさまおみみはいしゃく
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ローマ太平記」「ラジオは笑う」のフランク・タトルが監督した映画で、「あたしは別よ」「三日姫君」のケーリー・グラント「ボレロ」「ラッパは響く」のフランセス・ドレイク、「生活の設計」「コンチネンタル」のエドワード・エヴァレット・ホートンが主演するもの。原作はアルフレッド・サヴォアとガイ・ボルトン合作の舞台劇で「恋の手ほどき(1933)」「女難アパート」と同じくフランク・バトラーとクロード・ビニヨンが共同脚色した。助演は「若草物語(1933)」のニディア・ウェストマン、「ロイドの大勝利」のジョージ・バービア、ロジタ・モレノ、古顔のチャールズ・レイ等である。撮影は「風の接吻」のヘンリー・シャープ。

「お嬢様お耳拝借」のストーリー

ジュリアン・ド・ルサックはチリから硝石採取の権利を持ってパリに帰ってきた。南米人のシントス夫妻はジュリアンの権利を無効にせんものと妖計をめぐらしていた。ジュリアンの友人ポールにスージイという許婚があったが、スージイは1目見てジュリアンが好きになり、彼の後を追い回している。スージイの父フランバーグはジュリアンが硝石の権利を持っている事を聞き、娘を彼と結婚させ様とする。だがジュリアンはシントスの妻マーゲリットに夢中になっている。ところがマーゲリットは彼から硝石の権利を奪おうとしているのであった。ジュリアンのアパートにアナという交換手がいる。彼女はジュリアンの電話を取り次ぐたびに、彼が女に弄ばれている事実に同情し、同情は恋に変わっていた。計略を用いて硝石の権利をフランバーグに高く買わせようとしたのも彼女であり、シントスにピストルで脅迫されているジュリアンを救ったのも彼女である。スージイとジュリアンの婚約発表の前夜フランバーグ家でささやかな宴が開かれた。ジュリアンはポールに女の操縦法を教え、それをスージイに用いさせる。その結果ポールは再びスージイの心を得ることに成功する。アンは恋を諦め、置き手紙を書いてパリを去ろうとする。そこへジュリアンが帰ってきた。彼は初めて自分がアンを愛している事を悟り、2人は相擁して未来を誓ったのである。

「お嬢様お耳拝借」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「お嬢様お耳拝借」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「お嬢様お耳拝借」のみんなのレビュー

「お嬢様お耳拝借」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/17

オリヴィア・ハッセー(1951)

マザー・テレサ

貧困と飢えに苦しむ人々のため、87年の生涯を捧げた伝説の修道女マザー・テレサの人生を映画化。テレサを演じるのは、「ロミオとジュリエット」で世界を魅了したオリヴィア・ハッセー。監督はイタリアでTVを中心に活躍するファブリツィオ・コスタ。

ナザレのイエス

2千年の歴史をもつキリスト教の原点であり到達点でもあるイエス・キリストに焦点を当て、キリストの波乱に富んだ生涯を描く。製作はサー・リュー・グレード、監督は「チャンプ」のフランコ・ゼフィレッリ、脚本はアンソニー・バージェス、スーゾ・チェッキ・ダミーコとフランコ・ゼフィレッリ、撮影はデイヴィッド・ワトキンとアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はモーリス・ジャール、美術はジャンニ・クァランタ、衣裳はマルセル・エスコフィエとエンリコ・サバティーニが各々担当。出演はロバート・パウエル、オリヴィア・ハッセー、アン・バンクロフト、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・ファレンティーノ、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ステイシー・キーチ、ジェームズ・メイソン、イアン・マクシェーン、ローレンス・オリヴィエ、ドナルド・プレゼンス、アンソニー・クイン、フェルナンド・レイ、ロッド・スタイガー、ピーター・ユスティノフ、マイケル・ヨーク、シリル・キューサック、イアン・ホルム、ヨルゴ・ボヤジスなど。
ショーン・ビーン(1959)

ウルフウォーカー

過去三作がアカデミー賞候補になったカートゥーン・サルーンが、アイルランドの伝説を題材に作り上げたアニメーション。オオカミ退治のハンターを父に持つロビンは、人間とオオカミが一つの体に共存する“ウルフウォーカー”のメーヴと友だちになるが……。声の出演はNetflix「クリスマス・プリンス」のオナー・ニーフシー、「オデッセイ」のショーン・ビーン。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」、「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」のトム・ムーアがロス・スチュワートと共同で務めた。

ドローン・オブ・クライム

「サイレントヒル」シリーズのショーン・ビーン主演のスリラー。特集企画『のむコレ』にて上映。