愛の暴風(1930)

あいのぼうふう Men on Call
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「藪睨みの世界」「悪に咲く華」のエドモンド・ロウが主演する映画で、原作ならびに台詞はジェームズ・ケヴィン・マッギネスが執筆し、「疑惑晴れて」「ツェッペリン倫敦襲撃」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「踊るカレッヂ」「ケンタッキーの唄」のチャールズ・G・クラーク氏が撮影した。助演者は「想夫舞曲」のメイ・クラーク、「鉄骨エロ騒動」「悪に咲く華」のウィリアム・ハリガン、「ハバナから来た女」「曠野に叫ぶ(1930)」「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー、ジョー・ブラウン、アイアン・マクラレンなど

「愛の暴風(1930)」のストーリー

機関車の運転手チャックはいつも気に入った女があれば結婚すると言っていた。その気に入った女、それはある劇団の踊り子ヘレンだった。ヘレンもまたチャックを愛した。そこでヘレンは仲間の踊り子達を集めて婚約の披露をしようとした。その時、1人の新聞記者が誤伝されている彼女の醜聞を問いただしに現れた。これを聞いたチャックはあまりの意外さにヘレンの弁解も聞かずそこを飛び出してしまう。停車場に帰った彼はやがて特急の運転手として乗り込む。だが失恋の心痛は彼からすべての注意力を奪ってしまった。危険信号、衝突、責任、退職。6ヵ月の後のとある公園のベンチに落ちぶれたチャックが座っていた。雪さえ降ってきた寒空にチャックは合服一枚だ。そこへ通りあわせたのが彼の親友で海難救護所の所長をしているカップだった。チャックから事情を聞いたカップは同情して彼を雇い入れる。3年の月日が流れる。ある夜、見張り所から暗い海を眺めているとシスコ通いの船から1人の女が投身した。これをチャックはカップと共に船を出して救いあげる。女はヘレンだった。手当ての甲斐あって彼女の生命はとりとめたが幾日かたつうちに何も知らないカップはヘレンに恋を感じる。ヘレンはチャックに依然の出来事を弁解せんとしたが彼は耳を貸そうともしない。悲観した彼女はそこを去ろうと決心したがカップに引き止められる。救護所全員によって舞踏会が催された日、カップはヘレンに結婚を申し込んだ。チャックもそこへ姿を見せた。カップはチャックに同意を求めた。だがチャックとしてはそれに賛成する気持ちにはなれなかった。そして不愉快な面持ちでヘレンを罵るばかりだった。たまり兼ねたヘレンは過去の一切の事情をカップに話し、身の潔白を力説した。チャックとカップの間には不穏の空気が流れた。ある日、沖合に一隻のスクーナー船が火災を起こして漂っていた。海難救護所の全員は現場へ急行する。炎々と燃える船上で、船長は必死となって積載するガソリンの爆発を防いでいる。カップは勇敢に猛火の中に飛び込んで船長を救い出そうとしたが、燃え落ちた材木の下敷きとなって倒れる。これを見たチャックは日頃の感情を捨て打ち、死を賭して船中に飛び込みカップと船長を助け出したが彼もまた重傷を負う身となった。病院の一室、チャックはヘレンが側にいるのを気づかずカップの手を握りながら彼女を愛する自分の本心を打ち明けるのだった。そして彼女が自分の誤解を許してさえくれれば結婚する心算だと言った。いまは恨みもなく以前の友に戻っていたカップは心から彼らの幸福を祈るのだった。

「愛の暴風(1930)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛の暴風(1930)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1930
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「愛の暴風(1930)」のみんなのレビュー

「愛の暴風(1930)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/8

渡部豪太(1986)

コスメティックウォーズ

化粧品業界の裏側に切り込んだヒューマンドラマ。老舗化粧品会社のロングセラー商品の機密情報を盗み出すため、産業スパイとして潜入した三沢茜。だが化粧品を作る社員たちと触れ合っていくなか、その熱い想いに触れ、茜は次第に自分の行為に疑問を感じ始める。出演は「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の大政絢、「夏休みの地図」の奥菜恵、「海南1890」の渡部豪太、「東京PRウーマン」の井上正大、「校庭に東風(こち)吹いて」の柊子、「GONIN サーガ」の松本若菜、「The Room」の尚玄、「天空の蜂」の森岡豊、「映画 深夜食堂」の高岡早紀。監督は「東京PRウーマン」の鈴木浩介。音楽を「十三人の刺客」「貞子vs伽椰子」の遠藤浩二が担当する。

海難1890

1890年に和歌山県で起きたオスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号の海難事故、そして1985年イラン・イラク戦争時にテヘランに残された日本人の救出にトルコが尽力した史実に基づき、日本・トルコ両国の絆や危険を押してでも助けようとする人々を描いた人間ドラマ。エルトゥールル号編とテヘラン救出編の二部で構成される。監督は「利休にたずねよ」が第37回モントリオール世界映画祭最優秀藝術貢献賞に輝いた田中光敏。海難事故に遭遇した医師を「臨場・劇場版」の内野聖陽が演じ、「マイ・バック・ページ」の忽那汐里やトルコ人俳優ケナン・エジェが二役で出演。外務省の後援や、トルコ政府全面協力を受け制作された。
鮎川いずみ(1951)

必殺!III 裏か表か

闇の金融集団と闘う仕事人たちの姿を描く“必殺!”シリーズ第三弾。脚本は「必殺!」の野上龍雄、保利吉紀、中村勝行の共同執筆。監督は「逃がれの街」の工藤栄一。撮影は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の石原興がそれぞれ担当。

必殺! ブラウン館の怪物たち

徳川家康が建てたという黒谷屋敷の謎をかぎつけた倒幕派と外国人グループと戦う仕事人たちを描く。昨年公開された「必殺!」の第二弾。脚本は「哀しい気分でジョーク」の吉田剛、監督は「港町紳士録」の広瀬襄、撮影は「必殺!」の石原興がそれぞれ担当。

NEW今日命日の映画人 3/8

該当する人物がいません


「愛の暴風(1930)」を観ているあなたにおすすめの映画