哀愁のみずうみ

あいしゅうのみずうみ
上映日
1971年7月10日

製作国
フランス ドイツ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

上流階級の虚飾に満ちた生活に空しさを感じ、真実を求めて飛び出した女が、初めて見出した愛。しかしその愛も自堕落な生活を断ち切れない男の弱い意志によって、はかなく消え去ってしまう。平和主義者でドイツの作家ステファン・ツヴァイクの小説「女の24時間」の映画化、監督はドミニク・ドルーシュ、脚色はドミニク・ドルーシュとマリー・フランス・リヴィエールが共同執筆。撮影はワルター・ウォティッツが各々担当。出演はダニエル・ダリュー、ロベルト・ホフマン、「マルキ・ド・サドのジュスティーヌ」のロミナ・パワー、レナ・スケルラ、マルト・マリシアなど。

「哀愁のみずうみ」のストーリー

アリス(D・ダリュー)は第一次大戦の喧騒をのがれてパリを離れ、ここスイスに来ていた。パリの上流階級のたまり場のようにここにはフランス人が優雅な生活を送っていた。アリスと一諸に来たのは妹と妹の娘マリエット(R・パワー)で、ある日彼女たちはハンガリーの名ピアニスト、ベクスタインの演奏会を聞きにきた。演奏会のあと、一人で海のまわりをぶらぶら歩いていたアリスが、何気なく、乗り込んだ船は、思いがけなく、スイス国境を越えてある船着場に着いた。目の前にあるカジノに入った彼女はルーレットのテーブルの若い男(R・オフマン)に魅きつけられた。その男はルーレットで負けつづけ、その負け方は、まるでわざと負けているかのようだった。端正な顔にどこか翳りをただよわせた男は、全部スってしまうと悄然と席を立ってカジノの中庭の方に歩きだした。慰さめるアリスに、男はほっといてくれ、と背を向けたが、彼女が再びカジノに向かうと、彼は気をとりなおしたように、彼女にあやまるのだった。そんな男の態度にひかれた彼女は、カジノから遠くないホテルで彼との一夜を過ごした。翌朝、アリスは午後3時に、公園のほとりで会おうという手紙と金を残してホテルを出た。3時、アリスは湖を渡って公園に来て彼を待った。男は3時25分にやっと来た。ボートをこぎ出して、男は話し始めた。軍隊を脱走して、毎日をやることもなく過ごし、虚無の影にひきずられるようにカジノに身を浸していることを。アリスはこの男トマス・クラインに愛を感じていた。トマスもアリスに愛を告白した。そしてバクチは二度とやらないことを誓い、二人でチューリヒで暮そうと言った。彼女はトマスの手に金を渡し、トマスは先にチューリヒに行っていると約束した。アリスはチューリヒへ行くまえに、思い出のカジノに行ってみた。そこには、トマスがいた。その翳りのある横顔は初めて見た時と全く変りなかった。雨の降りしきる湖、汽車の窓から遠ざかるその愛の湖をアリスはじっと見つめていた。

「哀愁のみずうみ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「哀愁のみずうみ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 フランス ドイツ
製作年 1968
公開年月日 1971年7月10日
製作会社 プロデュクシオン・ジェネラル・ドゥ・フィルム
配給 ヘラルド
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「哀愁のみずうみ」のみんなのレビュー

「哀愁のみずうみ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません