エイブ・リンカン

えいぶりんかん Abe Lincoln in Illinois
上映日
1946年4月18日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ロバート・E・シャーウッドがヒューリッツアー賞を獲得した舞台劇に基づき、シャーウッド自身が脚色し、ジョン・クロムウエルが監督した作品で、舞台劇で主役を演じたレイモンド・マッシーが同じくリンカーンに扮している。最近売り出しているジーン・ロックハートや、舞台出身のメアリー・ハワードとルース・ゴードン、その他ドロシー・ツリー、ハーヴェイ・スティーブンス、マイナー・ワトソン、アラン・バクスター等が主要な役を演じている。1940年初頭ニューヨークのラジオ・シティー・ミュージック・ホールでこれは封切された。

「エイブ・リンカン」のストーリー

1830年、イリノイ州の片田舎にリンカーン一家が移住して来た。一家の伜エイブはその時21歳であった。翌年、彼は家を出てサンガモン河で豚を運ぶ船の船頭になった。ある日、彼はアン・ラトレッジという乙女に逢い、彼女を心から思うようになる。豚の持ち主のデントンがニウ・セイルムの町にある見せに勤めてはどうかと勧めた時、アンの近くに住めることを考えて彼は承諾する。一日エイブは町の乱暴者ジャック・アームストロングを取ひしいで、アン及び町の人々の尊敬を得た。それ以降ジャックはエイブの無二の親友となる。アンはジョン・マクニールを愛していて、ジョンが家族の面倒を見るために東部へ行かなければならなくなった時、彼の帰りを待つと約束した。しかし、2年たってもジョンは帰って来なかった。町の人々の噂から彼女を救うためエイブはアンに求婚する。彼女はエイブを愛してはいなかったが、彼の真情にうたれて承諾する。しかし結婚式の前に彼女は悲しみのために世を去った。アンの死んだのはエイブがイリノイ州議会の議員に当選した晩であった。エイブは悲痛な心を抱いてスプリングフィールドに出発する。そこで彼はスティーブン・ダグラスという親友を得た。当時、米国内は奴隷制度問題で湧き立っており、エイブもこの問題で悩まざるを得なかった。スチュアート判事が彼の法律事務所で働かぬかと勧めたので、エイブは任期満了と共に議員を辞した。一夜、ニニアン・エドワーズ上院議員の邸の宴会で、エイブはニニアンの妻の妹メアリー・トッドに紹介された。メアリーは姉の勧める縁談をすべて断ってエイブに好意をよせた。彼女は自分の夫はいつか必ず大統領になる人であると信じエイブ・リンカーンを選んだのである。2人の結婚の日、平和と静穏な生活を愛し、メアリーの野心が彼にとっては重荷であると信じるエイブは、自分の望まぬ運命を強制されることを欲せず婚約を破棄して町を去る。彼はアンの墓に詣でたり、旧友を訪ねたりして放浪の旅を続けたが、一夜、旧友の幼い伜の病床でその回復を神に祈る間に彼は彼のものである運命に従わねばならぬことを悟り、スプリングフィールドに帰ってメアリーに赦しを乞い、妻たらんことを願った。メアリーは屈辱を忘れてエイブと結婚する。16年の後リンカーン夫妻には4人の息子が生まれたが1人は死んだ。当時、米国は西部へ発展していた。奴隷問題の討議で南北諸州の対立は激化の一途をたどっていた。この時リンカーンはイリノイ州から上院議員の候補に指名された。選挙の結果、彼は政敵スティーブン・ダグラスに敗れたが、彼の政見演説は全米注目の的となり、奴隷制度の撤廃と南北諸州の分離反対を叫ぶ彼の名は全米新聞紙のヘッドラインを飾った。1860年、彼は大統領候補の指名され、次いで大統領に当選し、なつかしのイリノイ州を去ってワシントンに赴くのであった。

「エイブ・リンカン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エイブ・リンカン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1940
公開年月日 1946年4月18日
製作会社 R・K・Oラジオ映画
配給 セントラル・フィルム・エキスチェンジ
レイティング

「エイブ・リンカン」のみんなのレビュー

「エイブ・リンカン」のレビューを書く

「エイブ・リンカン」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

エリカ・リバス(1974)

人生スイッチ

アルゼンチンで国内年間ランキング1位を獲得したオムニバス形式のブラック・コメディ。製作は、「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル。出演は、「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン。第87回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。
ヴェイッコ・アールトネン(1955)

罪と罰(1983)

殺人を犯した青年の行動を乾いたタッチで描く作品。「白い花びら」のアキ・カウリスマキ、監督長編第1作。原作はロシアの文豪、ドストエフスキーの同名小説。出演はマルチ俳優として活躍するマルック・トイッカ、「愛しのタチアナ」までカウリスマキ作品の顔だったマッティ・ペロンパー、カウリスマキ作品の常連名脇役であるエスコ・ニッカリほか。1983年第1回フィンランド・ユッシ賞最優秀処女作品、最優秀脚本賞受賞。

ラヴィ・ド・ボエーム

パリを舞台に、3人の芸術家のボヘミアン生活を描く。監督・製作・脚本は「コントラクト・キラー」のアキ・カウリスマキ、原作はアンリ・ミュルジェールの小説『ボヘミアン生活の情景』(Scenes de la vie de boheme)、撮影はティモ・サルミネンが担当、音楽はセルジュ・レジアニが歌う「僕は飲む」、しのはらとしたけが歌う「雪の降る町を」などの既成曲を使用している。

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「エイブ・リンカン」を観ているあなたにおすすめの映画