• TOP
  • 作品を探す

作品を探す

ほから始まるでの検索結果

映画
「ほから始まる」の検索結果 457件)

  • ボム・ザ・システム

    ニューヨーク。ブレストの愛称で知られる19歳のアンソニー(マーク・ウェバー)は、地元のシーンで最高の評価を受けるグラフィティ・ライター。彼は毎夜クルーと共に、ニューヨーク市警察=NYPDのヴァンダル・スクワッドと呼ばれる落書き取り締まり班の2人組の追跡を交わしつつ、盗んだペンキでストリートの壁に絵を描き続けている。そんなある時、ブレストは、独自の政治活動を行なっている女の子、アレックス(ジャクリン・デ・サンティス)と知り合い、瞬く間に恋に落ちた。だがちょうど同じ頃、クルーの一人であるルーンことケヴィン(ジェイド・ヨーカー)が逮捕され、顔をナイフで切られる事件が勃発。ケヴィンの兄のジャスティン(ゲイノ・グリルズ)は、警察から帰ってきた弟と共に、NYPDに戦争を仕掛けていく。そして運命の夜。ブレスト、ケヴィン、ジャスティンの3人が佇んでいるところに、ヴァンダル・スクワッドの2人組が乗り込んでくる。揉み合いになり、まもなくジャスティンが転落死。悲しみに暮れるブレストは、次の街へ発とうとしているアレックスの誘いや、カリフォルニアの大学への進学など、選択に迷うが、結局狂ってしまったヴァンダル・スクワッドの一人に射殺されてしまう。そして残されたケヴィンは一人電車に乗るのだった。
  • ポビーとディンガン

    世界的なオパールの採掘地として知られるオーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。ここには世界中から運を試しに大勢の大人が集まってくる。この町に住む11歳の男の子アシュモル(クリスチャン・ベイヤーズ)の父親も、その一人だ。夢を追うパパ(ヴィンス・コロシモ)と、優しいママ(ジャクリーン・マッケンジー)。一家の生活はすべてうまくいっているけれど、一つだけ困ったことがあった。それは、9歳になる妹ケリーアン(サファイア・ボイス)の変わった友だちのことだ。ケリーアンにはポビーとディンガンという大好きな友達がいるが、アシュモルはそれが妹の作り上げた架空の友達だと知っている。ケリーアンに本物の友だちを作ってもらいたいアシュモルとパパは、ポビーとディンガンをオパールの採掘場に連れて行くことにした。しかしその日は、火薬の調合を間違えて落盤事故が起きてしまった! ケガをしたパパはパブで友人の医師に手当てをしてもらい、ようやく家に帰り着く。待ち構えていたケリーアンは、ポビーとディンガンがいなくなったと言い出した。あまりにケリーアンが騒ぐので、パパとアシュモルは再び採掘場に戻ることに。しかし、そこに運悪く意地悪なシドおじさんがやってきて、パパを盗掘野郎とののしりながら銃を突きつけてきた。パパは警察に連れて行かれ、ポビーとディンガン探しは打ち切りとなった。街の人たちはパパを泥棒と決めつけ、アシュモル一家に嫌がらせを始める。ママは勤めていたスーパーをクビになってしまうし、アシュモルは自転車にねずみの死体を吊り下げられたりした。おまけにケリーアンは病気にかかって、どんどん弱っていく。医師はケリーアンが心の病ではないかと言うが、それはポビーとディンガンがいなくなったからだろうか? アシュモルは、ケリーアンの病気を治すため、ポビーとディンガンを探すことを決める。
  • ポチは待っていた 思い出

    CM作りで落ち込んでいた山田は、仕事で大量の「愛犬かくし芸大会」のビデオを観るはめに。帰り道、犬に吠えられてそのはずみでビデオテープを壊してしまい、顔を向けると道の反対側には、見覚えのある犬のシルエットが。何かを思い出した山田は、帰宅して小さい頃に描いた絵を引っぱり出す。
  • ポチは待っていた 唄う男

    公園のベンチ。「あんたには愛を感じない! あんたなんかいらない、あの犬がいればいい」と、美春(天海祐希)は恋人の正夫(川平慈英)に啖呵をきり、居合わせた柴犬・ポチを連れて去ってしまう。劇団員の正夫は、新作のミュージカルの稽古が始まっても、美春のことで頭がいっぱいだった。思い余って彼女のマンションに侵入し、ベランダにたどり着く。と、そこには柴犬のポチがいた…。

DVD/Blu-ray
「ほから始まる」の検索結果 0件)