• TOP
  • 作品を探す

作品を探す

へから始まるでの検索結果

映画
「へから始まる」の検索結果 217件)

  • ベルリン、僕らの革命

    理想家肌で正義感の強いヤン(ダニエル・ブリュール)、彼の15年来の親友ピーター(スタイプ・エルツェッグ)、そしてピーターの恋人ユール(ジュリア・ジェンチ)。彼らはベルリンで生きる一見ごく普通の若者に見えた。ヤンとピーターは、ベルリンのアパートで一緒に暮らしている。ユールは高級レストランでスノッブな客の嫌味に耐えながらウェイトレスとして働き、ときおり路上でデモやチラシ配りをする毎日。ある日ヤンはバスの中で、無賃乗車の貧しい老人がリンチにあっているところを目撃する。老人に自分の切符を渡しバスを降りるヤン。追いかけてきた男に怒りをぶつけるヤンは、アパートへ帰ってもまだ怒りを抑えきれない。ユールは、そんなヤンが苦手だった。ユールには以前、交通事故で多額の賠償責任を負ってしまった過去があり、家賃を滞納して大家に立ち退きを通告されていた。ピーターは彼女に自分の部屋への引っ越しを勧めるが、ピーターとヤンの二人との共同生活には気が進まない。ヤンの世界変革の情熱は、金持ちが牛耳る不公平な社会への怒りに向けられている。ピーターも同じ理想を掲げてはいるが、彼はヤンとは違って人生を楽しむ気楽な性格。そんな彼らにはユールでさえも予想のつかない秘密があった。ここ最近、巷でニュースになっている”エデュケーターズ”としての暗躍だ。金持ちの留守宅に厳重なセキュリティ・システムを突破して忍び込み、何も盗まずに、家の中のあらゆる物を広間に積み上げ、エデュケーターズの署名を残して立ち去る。それは彼らにとって、金持ちばかりが優遇される現代社会への精一杯のレジスタンスだった。ある日、ヤンとピーターは、エデュケーターズとしての下見で街を走っていた。ピーターのバッグから高級な腕時計を見つけたヤンは、彼がどこかの屋敷から着服した品物であることを悟り「僕らの主義に反する」と、窓から投げ捨ててしまう。一方ユールは、楽しみにしていたピーターとのバルセロナ旅行の時期に大家に部屋を空け渡す羽目になり、旅行を断念する。しかたなくピーターが一人で旅立った後、ヤンとユールはふたりで彼女の部屋のペンキを塗りながら、社会への不満を語り合う。交通事故の相手、会社重役のハーデンベルクにユールが毎月大金を払っていることを知ったヤン。翌日、ユールは理不尽な理由でウェイトレスを首になり、ヤンは落ち込んでいる彼女を元気づけるために自分達の秘密を明かす。その事実に驚き、興奮したユールは、自分を苦しめているハーデンベルクの邸宅に忍び込みたいとヤンを説得する。首尾よく侵入に成功したふたりは、豪華な室内をめちゃくちゃにいじりまわし、ハーデンベルクに”教育”を施す。久しぶりに解放感を味わい、羽目を外したユールはプールにソファを投げ落とし、水の中でヤンと戯れるうちに、自然とキスをかわす。その翌日、スペインから帰国したピーターに接する二人は後ろめたさを隠しきれない。そして大問題が発覚する。ユールが携帯電話を犯行現場で無くしてしまったのだ。ふたりは夜を待って再び大邸宅へ忍び込むが、運悪くハーデンベルクに見つかってしまう。切羽詰った彼らは秘密のロマンスがバレるのを覚悟で、ピーターに助けを求める。3人は成り行きでハーデンベルクを誘拐し、ベルリンから遠く離れた親戚の山荘に立てこもる。若者たちが危害を及ぼさないことを知ったハーデンベルクは、次第に彼らと打ち解け、誘拐者と人質の奇妙な共同生活がはじまった。その二世代の対話のなかで、皮肉にもハーデンベルクが学生時代には過激な左翼運動家だったという事実を知る。一方、ユールの心は、二人でハーデンベルク宅へ侵入した夜からヤンへと傾きはじめていた。彼らの微妙な三角関係を察したハーデンベルクは、自分の革命グループは性的な関係ももっとラディカルだったと語り、その一言から初めてピーターは二人の裏切りを知り、激怒して一人下山してしまう……。
  • ヘッドハンター(2004)

    シアトルの中小企業”ビズトラックス”に勤めるベン(ギル・ベローズ)は、人間に投与したある成分物質が血液中でプラズマコードに変質し、そのコードを解析してその人物の居場所を人工衛星を使って15分以内に特定できるという、究極の追跡システムを完成させた。それは経営危機に陥っていた会社にとって朗報であり、出資しようと考える銀行に対しても大きなアピールになろうとしていた。ある日、彼の目の前にヘッドハンター、ビンセント(クリスチャン・スレーター)が現れる。多額の給与保障で大企業への引き抜きを仕掛けて来るが、ベンは社長のフランクリン(マイケル・クラーク・ダンカン)への恩義を感じていて、依頼を完全に断った。だが、ベンは彼の本性を知るよしもなかった。ビンセントはこれまでもターゲットをものにするためには殺人をもいとわない冷酷な男だったのだ。断られたその時からビンセントは強引なヘッドハンティングを始める。罠を張り巡らせるビンセントは、偶然を装い彼の妻・エミリー(エステラ・ウォーレン)に近づき関心を引き、彼らの幼い娘にプレゼントを贈る。そして旅行先に現れベンを傷つけたり、社内にもメールを使い彼にヘッドハンティングの話があるという不信感を漂わせるような文面を送る。ベン自身も自分しか知りえない情報がビンセントに流れていることで秘書をクビにし、同僚たちをも疑うようになってしまう。精神的にも次第に追い詰められていくベンは、ある日、彼のことを調べていくうちに、ボストンのジョン・ブレークリー(ケビン・マクナルティー)という人物がヘッドハンティングされた記事とその数日前に彼の妻が殺害された記事を見つける。事実を確かめるためにベンはブレークリーに会う。だが、彼はベンにこう言う。「彼から逃れるためには、転職するか、彼を殺すしかない。」ベンは妻や子を守るために、警備会社の担当に助けを求める。だが、ちょうどその頃、ビンセントの魔の手は、病気で倒れたフランクリンにも及んだ。我慢の限界に達したベンは、ついにビンセントへの反撃を開始する。
  • 変型

    恋人の田辺(大浦龍宇一)に不審を抱いた由美(中村愛美)は、田辺の職業を問い詰めるが、うまくはぐらかされてしまう。
  • ヘイヴン 堕ちた楽園

    カール・リドリー(ビル・パクストン)は有能なビジネスマンだが数年前から脱税をしていた。FBIが捜査に入るという情報をキャッチしたリドリーは、娘ピッパ(アグネス・ブルックナー)を連れて100万ドルを持ってカリブ海のケイマン諸島に逃走する。ここは住民から税金を取らない「タックス・ヘイヴン」。世界から税金を払わない金持ち連中が集まる島だった。急にこんな島に連れてこられたピッパは父に反抗し、島で知り合った男とパーティーに向かった……。一方、島生まれのシャイ(オーランド・ブルーム)は裕福な家庭の娘アンドレア(ゾーイ・サルダナ)と付き合っていた。アンドレアの家族の反対にもかかわらず、二人は結ばれる。しかしそれがばれ、シャイはレイプ犯として訴えられる。更にアンドレアの兄ハンマーはシャイの顔に硫酸をかけて消えない傷を負わせた。罪の意識からセックスとドラッグの世界に溺れていくアンドレア。そんなアンドレアの姿を見たシャイは銃を持ってパーティーに向かった。そこにはハンマーがいるのだ。こうして二つの物語が交錯する……。

DVD/Blu-ray
「へから始まる」の検索結果 0件)