• TOP
  • 作品を探す

作品を探す

さから始まるでの検索結果

映画
「さから始まる」の検索結果 675件)

  • 殺人ネット

    都内の女子校に通う藍(井村空美)は、中学時代からの同級生である冬美(川崎真央)、千春(神崎詩織)、亜紀子(亜沙里)、陽子(大久保綾乃)らとともに、平和な学生生活を過ごしていた。しかし、その平穏な日々が、ある日突然壊される。始まりは、藍の携帯に届けられた「殺人ネット」と呼ばれるチェーンメールだった。それは、最近噂になっている、あるメールだった。“殺したい相手の名前を入力してそのメールを送れば、その相手を殺せる”というらしい。噂を全く信じていなかった藍だが、冬美に、“ワタシの名前を入れて送信して”と言われ、渋々冬美の名前を入れて送信する。すると、その直後、冬美は屋上から飛び下り自殺をしてしまう。冬美の死後、次々に起こる謎の事故、そして担任教師までも死んでしまう。冬美は藍が送った「殺人ネット」のせいで死んでしまったのだろうか?
  • サマリア

    ヨジン(クァク・チミン)は、刑事をしている父のヨンギ(イ・オル)と2人暮らしの女子高生。彼女の親友である同級生チェヨン(ハン・ヨルム)は、卒業旅行の旅費を稼ぐために援助交際をしている。ヨジンはそれを嫌いながらも、チェヨンが心配で見張り役として行動を共にする。そんな矢先、ホテルに警察の取り締まりがあり、逃げようとしたチェヨンは窓から転落死してしまう。それ以来、ヨジンはチェヨンの罪滅ぼしとして、彼女の援助交際の客に会い、彼らに金を返す作業を開始する。しかしある日、殺人現場に仕事でやってきたヨンギが、向かいのホテルにヨジンが男といるのを目撃。ヨンギは衝撃を受けつつ娘の後を追い、ヨジンが何をしているかを知る。苦悩しながらも何も言えないヨンギは、娘の行動を監視し続け、娘を買った男たちへの制裁を始める。そしてその行為は次第にエスカレートし、ついにヨンギは殺人を犯す。そのあと、ヨンギは妻の墓参りに行こうと、ヨジンと共にドライブに出掛ける。2人は墓参りを終えたあと、田舎の民家に一泊。そして翌朝、ヨンギは車の試運転をヨジンに提案する。ヨジンは初めての運転に喜ぶが、その間にヨンギは自ら通報し、迎えにきた警察の車に乗り込む。ヨンギは覚えたての運転で、逮捕された父の乗った車を追い掛けるが、ヨジンの車はぬかるみにタイヤを取られて動けなくなってしまうのだった。
  • さよなら、さよならハリウッド

    アカデミー賞に2度も輝きながら、今や過去の人になった落ち目の映画監督ヴァル・ワックスマン(ウディ・アレン)。そんな彼に、ハリウッドのメジャー製作会社ギャラクシー・ピクチャーズから話題作の監督依頼が舞い込む。だが映画のプロデューサーであるエリー(ティア・レオーニ)はヴァルの別れた妻で、しかも彼女がヴァルを捨て走った男ハル(トリート・ウィリアムズ)は、この製作会社の重役だった。とは言え、エージェントのアル(マーク・ライデル)の一押しが効き、ヴァルは正式に契約。再起のチャンスをつかむことになる。監督の座につくや、スタッフとキャストにあれこれ注文を出すヴァル。自分の恋人である女優の卵ロリ(デブラ・メッシング)にもこっそり役を与える始末。それでも準備は着々と進んでいったが、クランクインを控えたある夜、なんとヴァルは突然、心因性の失明状態になってしまった。この事態を知ったアルはヴァルを諭し、中国人撮影監督の通訳にだけ秘密を打ち明けて協力を得るという作戦を実行。どうにか撮影は進行するも、セクシーな主演女優シャロン(ティファニー・ティーセン)に誘惑されたり、記者の好奇の目にさらされたりと、ヴァルは気の休まる間がない。やがて現場のトラブルから通訳が解雇。結局、エリーに真実を打ち明けて助けを請い、そのおかげで撮影は再び順調に。一方、ヴァルはエリーの優しさを改めて実感し、恋心を再燃させていく。まもなくヴァルとエリーはヨリを戻し、目も突然見えるようになるが、完成した映画は自他共に認める失敗作に。ところがこの映画がフランスで高く評価され、ヴァルとエリーはパリに移住するのだった。
  • ザ・コーポレーション

    「サイコパス」とは、精神病質者の意。現在はサイコパスという言葉は無く、反社会性人格障害(APD)と変更されている。サイコパスの特徴は極端に自己中心的で、慢性的な嘘つきで後悔や罪悪感が無く、冷淡で共感が無い。加えて自分の行動に責任が取れない。他人への思いやりがない。人間関係を維持できない。他人への配慮に無関心。利益のために嘘を続ける。罪の意識がない。社会規範や法に従えない。現在の企業を一人の人格として精神分析を行うと、その診断は完璧な“サイコパス(人格障害)”となった。「ザ・コーポレーション」はすべては利益のために働く機関としての企業の、様々な症例を分析する。本作で紹介されるのは「ボリビア、コチャバンバ紛争~水道民営化を阻止した民衆運動~」「ホンジュラスにおける労働搾取工場の実態」「インターフェイス社の環境への取組み」「ロイヤル・ダッチ・シェルの公害問題」「フォックス・テレビ内部告発のてん末」「ギャップ社の不当労働疑惑」「遺伝子組み換え食品に反対するインドの環境保護活動家」etc…。総勢40名の証言者のひとり、ノーム・チョムスキーMIT教授は「民営化とは、公共機関を善良な人に譲ることではない。専制政治へそれを委ねることです。公共機関には利点もあった。損することも出来ます。別の利点があれば、損をしてもよかったのです」と語る。また、『ブランドなんか、いらない』の著者ナオミ・クラインは、「ブランドの宣伝目的は、製品ではありません。製品の代わりに彼らが作るのは、ブランドのイメージです。製品への取り組みを宣伝し、その思想をばらまくのです」と発言する。そして、「ボウリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」などでユーモアを武器に社会の矛盾を鋭く斬り込む映画監督マイケル・ムーア。彼は最後に観客に語りかける。「俺は人々がこの映画を見て立ち上がり、行動すると信じている。世界を我々の手に戻すために」。

DVD/Blu-ray
「さから始まる」の検索結果 0件)