映画人物を探す

検索結果

  • りあん

  • りえ

  • りお

  • りぶ

  • りみ

  • りゅう

  • りゅうあ

  • りゅうちぇる

  • りゅう雅登

  • りょう

    埼玉県鳩ケ谷市の生まれ。本名・宮田ゆみ子(旧姓・佐藤)。15歳の時に東京・原宿でスカウトされ、都立大山高校卒業後、ファッション誌を中心にモデル活動を始める。当初は“涼”という芸名だったが、ほどなく現在の“りょう”に改名。1996年、フジテレビのドラマ『ロングバケーション』で女優デビューし、日本テレビ『恋のバカンス』97、フジテレビ『フェイス』97、テレビ朝日『愛しすぎなくてよかった』98などで徐々に注目されていく。日本テレビ『女医』99のエリート中国人医師、フジテレビ『ナオミ』99の生物教師、同局『ラブコンプレックス』00の新興宗教にハマる企業秘書など、凛とした美貌と涼しげな眼差しから日常性を感じさせないクールな役柄を多く与えられ、その最たるものが、映画初出演作の塚本晋也監督「双生児」99で演じたヒロイン・りん役。眉を剃り落とした能面のような顔、高く結った日本髪、青白いほど白粉をつけた肌から立ち上る強烈なエロティシズムで、江戸川乱歩の妖しげな世界を体現し、高崎映画祭主演女優賞を受賞する。以後もその特異な存在感から、2000年代の日本映画界を代表する監督たちに好まれて起用される。是枝裕和監督「ディスタンス」01ではカルト教団に関わりのあった女性役。行定勲監督「ロックンロールミシン」02ではインディーズ・ブランドを立ち上げるメンバーの紅一点。塩田明彦監督「害虫」02では主人公(宮﨑あおい)の情緒不安定な母親に扮し、続く「カナリア」05では旅するレズビアンカップルの男性役を演じている。テレビドラマにも定期的に出演しており、仕事と家庭の間で揺らぐ女性を演じたフジテレビ『僕と彼女と彼女の生きる道』04の頃より、さらに役柄を広げてゆく。一方、“冷静沈着でクール”なイメージを最大限に活かした職業女性、特に医師・看護師役は引きも切らず、日本テレビ『ウィルスパニック2006夏・街は感染した』06、TBS『きらきら研修医』07、フジテレビ『コード・ブルー/ドクターヘリ緊急救命』08・10など医療ドラマへの出演が多い。近作はほかに、TBS『流星の絆』08、日本テレビ『銭ゲバ』09、フジテレビ『婚カツ!』09、『ジョーカー・許されざる捜査官』10、『名前をなくした女神』11など。03年4月にロックバンド“BRAHMAN”のヴォーカル・TOSHI-LOWと結婚。一男がある。

1-10件表示/全5039件



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません