• TOP
  • 人物を探す

人物を探す

検索結果

  • ほか小手島の子供

  • ほげちゃん

  • ほしかわたかふみ

  • ほしのあきら

    68年多摩芸術学園映画学科在学中に処女作の「絆」を製作して作家活動を開始する。71年同学園を卒業後、映画製作の現場に入るが考え方などにあまりにもギャップがあったので半年でやめてしまい、アメリカの実験映画や大林宣彦の「いつか見たドラキュラ」などに刺激を受けて、映像作家集団ハイロ(現在の上映集団ハイロ)を結成。スペース・ラヴ・ヘアー(現在の渋谷アピア)を中心に全国各地で自主映画の上映活動を展開した。86年にそれまで主宰していたハイロを大房潤一らにまかせて87年からはビデオと8ミリフィルムの作品を会員が作りそれを合評するというビデオ・フォーラムを結成して、その指導をしている。星野の作品では、日常のエピソードをコラージュして非日常の映画の世界を作り出していく作品と、ある種の状況下のなかでストーリーを語っていく作品の両極面を持っている。近年の代表作である「ある朝、犬」などは、一つの戯曲をベースにしていながら、個々のエピソードに解体し、それぞれが独立したシーンを再構成した形をとっている。この独立したシーンを観客が体験していくことによって、映画全体のイメージが浮かび上がってくるようになる、という仕掛けがしてある。このように常に作られる作品の自由性を求めて実験色の強い作品を生み出している。85年からは舞踏家の新生呉羽とイベントを企画している。現在、多摩芸術学園映画学科主任、PFFの審査員、日本映画TV技術協会の商業映画部門技術賞審査をしている。著書に『フィルム・メーキング』(フィルム・アート社)がある。

  • ほしのあすか

  • ほしのせんか

  • ほしのみゆ

  • ほたる

  • ほな美りん

  • ほのかりん

1-10件表示/全3413件