• TOP
  • 作品を探す

さから始まるものでの検索結果

21-30件表示/全3113件
  • 最短距離は回りくどくて、 blanc

    高校生の悠斗(向理来)は、孤独な日々を過ごしていた。新任教師の青山(塩口量平)は、そんな悠斗のことを気にかけ、2人は交換日記を始める。次第に青山に心を開いていく悠斗。だがある日、風邪で学校を欠席した悠斗は、見舞いに来た青山にキスをされてしまう。突然の出来事に動揺し、激しく拒絶する悠斗。これにより、青山は教職を追わることとなる……。3 年後。高校を卒業してホストになった悠斗は、客とのトラブルが原因で借金を背負い、男娼として体を売ることに。そこで、ふとしたきっかけから、青山と再会するが……。
  • ザ・ファブル

    “ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、どんな相手も6秒以内に殺すと言われ、裏社会では誰もが恐れる存在だった。仕事をし過ぎた彼に、ボスはミッションを与える。それは、1年間誰も殺さず、一般人に溶け込み普通に暮らすというもの。もし、休業中に誰かを殺したら、ボスがファブルを殺すという。ファブルは佐藤アキラと名乗り、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に、生まれて初めて一般人として暮らし始める。バイトをしたり、インコを飼ったり、殺しを封じて普通の生活を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う組織や、ファブルに助けを求める人たちが現れ、裏社会のトラブルに巻き込まれていく。ついにはファブルが一般社会で出会い、世話になった女性ミサキ(山本美月)が人質にとられてしまう。ファブルはヨウコの協力のもと、誰も殺さず人質を救出するという無謀なミッションに挑む。
    80
    • かっこいい
  • さよなら、退屈なレオニー

    カナダ・ケベックの海辺で暮らす17歳の少女レオニー(カレル・トレンブレイ)は、高校卒業を1ヶ月後に控えながら苛立ちを抑えられずにいた。退屈な街を出たいと思いつつ、自分が何をしたいかが分からない。口うるさい母親も気に入らないが、それ以上に母親の再婚相手が嫌いで仕方ない。離れて暮らす実の父親だけが頼りだった。ある日、街のダイナーで、年上のミュージシャン、スティーヴ(ピエール=リュック・ブリラント)と出会ったレオニーは、どこか街になじまない雰囲気を纏う彼に興味を持ち、彼からギターを習うことになる。夏が過ぎていくなか、口論が絶えない家庭、浮いている学校生活、黙々とこなす野球場のアルバイト、暇つぶしで始めたギター……つまらないことだらけの毎日だが、レオニーになかで何かが少しずつ変わり始める……。
  • SANJU/サンジュ

    父は名監督、母は大女優という映画界のサラブレッドとして生まれたサンジャイ・ダット(ランビール・カプール)。25歳で主演デビューを果たした彼は、大ヒットを連発してたちまちトップスターの座に上り詰める。だがその重圧から、ドラッグに溺れ、さらに次々と悲劇や試練に襲われることに。最愛の母の死、運命の恋人との別れ、銃の不法所持による逮捕、テロ関与の冤罪、刑務所での地獄の日々……。それでもサンジャイは、不屈の闘志で何度でも立ち上がる……。
  • The Crossing ザ・クロッシング PartII

    1947年、ユイ・チェン(チャン・ツィイー)、イェン・ザークン(金城武)、トン・ターチン(トン・ダーウェイ)ら千人近くもの乗客乗員を乗せた大型客船・太平輪が上海から台湾へ向け出航する。しかし深夜、付近を走る貨物船と衝突。パニックが広がる中、それまで交わることのなかった男女3組の運命が交差する。
    88
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる
  • The Crossing ザ・クロッシング PartI

    1945年、蒋介石率いる国民党の将校レイ・イーファン(ホアン・シャオミン)は上海の舞踏会でチョウ・ユンフェン(ソン・ヘギョ)と運命的な出会いをする。やがて国共内戦が激化。ユンフェンを残し、レイは内戦の最前線に向かっていった……。ユンフェンは新しく移った家屋で、ザークン(金城武)と記された絵を見つける。額の裏には、雅子(長澤まさみ)という女性の日記があった……。一方、恋人が出征したまま行方不明になったユイ・チェン(チャン・ツィイー)は、その恋人を探すために従軍看護師に志願。十分な食糧が得られない中、見知らぬ兵士トン・ターチン(トン・ダーウェイ)と家族のふりをし、食糧配給を得る……。
    88
    • 感動的な
  • さよならくちびる

    ハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)からなる音楽デュオ・ハルレオは、ローディ兼マネージャーのシマ(成田凌)とともに、全国7都市を回るツアーへ出発する。最後のライブでハルレオは解散することを決めていた。解散ツアーの初日となる2018年7月14日、別行動をとったレオがライブに遅刻する。険悪なムードの中、レオは「今日が何の日かくらい憶えているよ」と、ハルに小さな封筒を押し付ける。しばらくして、何事もなかったかのようにハルレオはステージに立つ。その日は、ハルがレオに初めて声をかけた日だった。バイト先のクリーニング工場で上司に叱られ、むくれていたレオを、ハルが音楽をやろうと誘ったのだ。その瞬間からずっと孤独だった二人の心は共鳴し、レオは音楽を奏でる喜びを知る。二人は路上で歌うようになり、少しずつ人気が出てくる。ハルレオはライブツアーに出るためローディを探し、そのとき、元ホストのシマが名乗りを上げた。地方ライブの集客も増え、若い女性を中心に人気が広がっていくが、誰も予期しなかった恋心が芽生えたことがきっかけで、3人の関係はこじれていく。さらに、曲作りにかかわらないレオは、音楽をやる意味を見失っていく。各々が想いをぶつけ合い、名曲と名演奏が生まれていくが、溝は深くなり、ついに解散するまで心が離れてしまう。三重、大阪、新潟、山形、青森と思い出のあるライブハウスを巡り、いよいよ北海道・函館のラストライブへと向かうが……。
    82
    • おしゃれな
  • 作兵衛さんと日本を掘る

    2011年5月25日、元炭坑夫・山本作兵衛(1892-1984)の描いた記録画と日記697点が、日本初のユネスコ世界記憶遺産に登録された。暗く熱い地の底で、石炭を掘り出し運ぶ男と女。命がけの労働で日本を支えた人々の生々しい姿がそこにある。作兵衛は、福岡県の筑豊炭田で幼い頃から働いた生粋の炭坑夫。自らが体験した労働や生活を子や孫に伝えたいと、60歳も半ばを過ぎてから絵筆を握った。専門的な絵の教育は一度も受けていなかったが、2000枚ともいわれる絵を残す。そんな彼が炭鉱の記録画を描き始めたのは、石炭から石油へというエネルギー革命の時代。国策により炭鉱が次々と消えていくさなかであった。その裏では原子力発電への準備が進む。作兵衛は後の自伝で「底の方は少しも変わらなかった」と記している。その言葉から半世紀。彼が見続けた“底”は今も変わらず、私たちの足元に存るのではないか……。筑豊炭田の元女坑夫や、作兵衛を知る人々の証言を通じ、この国の過去と現在、未来を掘る。
    78
    • 考えさせられる
  • 貞子

    病院で心理カウンセラーとして働く秋川茉優(池田エライザ)は、ある日、警察によって保護されたひとりの少女(姫嶋ひめか)を担当することになるが、彼女は一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えなかった。やがて、その少女は、1週間前に公営団地で起きた放火事件の犯人・祖父江(ともさかりえ)が人知れず生み育てていた子供であることが判明。少女と真摯に向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で奇妙な出来事が起こり始めるのだった……。一方、WEBマーケティング会社に勤める石田祐介(塚本高史)の薦めで、動画クリエイターとなった茉優の弟・和真(清水尋也)は、再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮影しようとその団地の火災跡に忍び込む。だが、動画アップ後、彼は行方不明となってしまう。そんななか、茉優は拡散された動画を探し出し再生すると、和真の背後に長い髪の女が立っていて……。
    88
    • 手に汗握る
    • 怖い
  • 最果てリストランテ

    これは、とある場所にある、小さな、小さなレストランの物語。そのレストランの営業時間は決まっていない。そこは人生でたった1度しか訪れることが出来ない。そこは三途の川を渡る前、最後の晩餐をとるためのレストラン。そのレストランでは、料理の注文をすることは出来ない。できるのは、最後の晩餐の相手を選ぶこと。選べる人の条件は既にこの世に存在しない人物、1人に限られる。相手が決まれば、料理も自然と決まる。料理するのは韓国人のハン(ジュンQ)、給仕は日本人の岬(村井良大)。レストランに訪れる人たちの思い出の料理を振る舞い、その料理を口に運んだ人たちは誰もが笑顔を見せ、饒舌になる。そして新たな旅路へと向かっていく。だが、ハンは記憶の全てを現世に置き忘れてしまっていた……。ハンは、岬は、なぜここで料理を振る舞っているのか? そもそも、ハンも岬もこの世の住人なのか? それとも……。
21-30件表示/全3113件