• TOP
  • 芳華 Youthのユーザーレビュー詳細

芳華 Youth のユーザーレビュー詳細

芳華 Youth

1976年、17歳で舞踊班へ入団した何小萍(ミャオ・ミャオ)は、劉峰(ホアン・シュエン)に連れられ文芸工作団にやってくる。小萍は労働改造所にいる父に軍服姿を見せようと、同室の丁丁(ヤン・ツァイユー)の軍服を黙って借りて写真館に向かう。ある日、淑雯(リー・シャオファン)が写真館に飾られた小萍の軍服写真を見つける。小萍は淑雯らに問い詰められ、穂子(チョン・チューシー)はその光景をただ見つめていた。1978年、美術班の修理係になった劉峰が、名誉回復した穂子の父からの荷物を穂子に渡す。小萍は自分の父も解放される日が来ると希望を持つが、政治委員は劉峰に、小萍の父が病死したことを伝えるよう告げる。穂子たちは陳燦(ワン・ティエンチェン)が持ってきたカセットレコーダーでテレサ・テンの曲を聴く。劉峰は丁丁に秘めていた想いを告白し、彼女を抱き寄せる。現場を目撃した男性団員たちは模範兵を汚したと丁丁を責める。劉峰は伐採部隊へ異動させられる。ある日、慰問中に主役のダンサーが負傷し、衣装班へ異動していた小萍が代役を命じられるが、拒否する。しかし無理やり舞台へ担ぎ上げられ、その後、野戦病院に異動することに。1979年、中越戦争勃発。小萍はベトナムとの国境線で負傷兵の看護に従事する。一方、最前線に送られた劉峰は、右腕を失ったものの死は免れる。小萍のもとに、負傷兵の取材を命じられた穂子が訪れる。小萍は丁丁への伝言を残す。野戦病院が爆撃され、精神病院に入院した小萍を劉峰が訪ねる。1980年、解散が決まった文工団の最後の公演。観客の負傷兵たちの中に小萍の姿があった。解散の日、穂子は陳燦への想いを綴った手紙を渡すが、直後に淑雯から陳燦と付き合っていることを告げられる。劉峰は文工団を訪れ、穂子と再会する。1991年、海南省海口。穂子の出版会見祝いに淑雯が現れ、二人は劉峰と久し振りに再会する。1995年、雲南省蒙自。劉峰と小萍は再会し、亡くなった戦友たちの墓参りをする。
84
  • 感動的な
  • EIGA FAN

    2019年4月9日に投稿
    • 鑑賞方法
    • 映画館
    • Blu-ray
      DVD
    • インター
      ネット
    • テレビ
    84
    • 手に汗握る
    • 感動的な
    • 怖い
    • おしゃれな
    • 泣ける
    • 可愛い
    • 笑える
    • 重厚感のある
    • かっこいい
    • ほのぼのとした
    • セクシーな
    • スカッとする
    • 親子で楽しめそう
    • 考えさせられる
    ネタバレ