『第2回 韓国テレビドラマコレクション大賞』表彰式&クロストーク開催決定!

  • 募集は終了しました。
韓国ドラマファン必携、約1,000本の新旧韓国ドラマをまとめた『韓国テレビドラマコレクション2019』(キネマ旬報社刊)の発売を記念して、2018年 12月 10日(月)に文京シビックホール 小ホールにてトークイベントを行います。


■イベント内容
○トークショー
「もっと!韓国ドラマが面白くなるとっておきの話」(仮)

・最近一番おもしろかった韓国ドラマは何?
・業界人が注目する今年一番ホットなイケメン俳優は?
など今年も、最新韓国ドラマ事情のあれこれについて、韓国ドラマ宣伝担当者の座談会を予定。
韓流イベントでもお馴染みの韓国大衆文化ジャーナリスト・古家正亨さんが切り込みます!

○『第2回 韓国テレビドラマコレクション大賞』表彰式
2018年に日本国内で発売された韓国ドラマの中から、『韓国テレビドラマコレクション』のライターたちが「今すぐ見ていただきたい"どハマリ必至”のイチオシ作品を選出した『韓国テレビドラマコレクション大賞』の表彰式を開催します。
※『韓国テレビドラマコレクション大賞』の結果は11月30日(金)に発表予定

○お楽しみ抽選会
昨年大好評だった、豪華賞品が当たる(!?)抽選会を予定。
■司会
古家正亨(ふるや・まさゆき)
ラジオDJ・テレビVJ・韓国大衆文化ジャーナリスト。1974年北海道生まれ。2000年より札幌のFM局NORTHWAVEで日本初のK-POP専門番組「Beats-Of-Korea」のDJとして、K-POPを紹介し始める。以降、ペ・ヨンジュンをはじめとする韓流スターや、K-POPアーティストのイベントでMCや通訳を務めること500回以上。韓流ファンにはお馴染みの人物。(ご本人のツイッターはこちら)


■パネリスト:韓国ドラマ作品 宣伝担当者(現在調整中)
現在調整中のため決定次第、本ページにて順次発表いたします。


■イベント概要
【日にち】2018年12月10日(月)

【スケジュール】
14:00開場(予定)
14:30 開演(予定) 表彰式、トークショー、抽選会
16:30 終演(予定)

【定 員】300名

【場 所】文京区シビックホール 小ホール(アクセス)

【住 所】〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター2階
(東京メトロ丸の内線・南北線 後楽園駅直結/都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅直結)

【参加資格】
『韓国テレビドラマコレクション2019』が当イベントのプログラムとなります。ご当選された方は、本書をご持参または会場にてご購入ください。
(事前購入は、こちらより可能です。)


【応募方法】
・先着300名様
・応募はこちらよりお申込みください。
※定員になり次第締切

【座席について】
全席自由席
・先着順でのご入場となります。
・会場及び近隣のご迷惑となりますので、開場前にお並びいただくことはできませんのでご了承ください。

日付 2018年12月10日 場所 文京区シビックホール 小ホール
場所 文京区シビックホール 小ホール
開場 14:00 開演 14:30
開演 14:30
応募締切 募集は終了しました 当選者発表
当選者発表



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません