• TOP
  • 楠トシエ

楠トシエ クスノキトシエ

  • 出身地:東京市神田区の生まれ
  • 生年月日:1928年1月11日

略歴 / Brief history

生家は洋品屋。45年、扶桑女子商業学校を卒業。三菱銀行馬喰町支店に勤務したのち、49年に新宿のムーラン・ルージュに入り51年の解散まで所属した。NHKラジオ『日曜娯楽版』に出演して人気を得、53年にNHKテレビ専属契約第一号となり、テレビ草創期を支えるタレントのひとりとして活躍した。同年、大映「浅草物語」の端役で映画デビュー。翌54年、東宝と専属契約を結び「夏祭り落語長屋」「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」54、「初笑い底抜け旅日記」55、「若人の凱歌」56などにコミカルな役で出演。のち東宝と解約し、フリーとなって「女難一刀流」58、「よさこい三度笠」60、「大笑い・殿様道中」64、「喜劇・急行列車」67、「喜劇・新婚大混線」72、「ムツゴロウの結婚記」74、「神様のくれた赤ん坊」79ほかに助演。テレビは高視聴率をとったNHK『お笑い三人組』55に珠枝の役でレギュラー出演して茶の間を沸かせ、同じ役で新東宝「お笑い三人組・泣き虫弱虫かんの虫」「お笑い三人組・怪しい奴にご用心」61に出演。61年、NHKと解約。以後はNHKの人形劇『ひょっこりひょうたん島』64にサンデー先生役で声の出演、67年の東映動画による同名アニメイションでも同じ役を演じた。ほかに司会と進行役をつとめた日本テレビ『おはよう!こどもショー』65、NHK『続事件』79ほか多数。CMソングの歌手としても有名で現在五百曲を越すという。

楠トシエの関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ムーランルージュの青春

    昭和初期から戦後にかけて人気を集めた劇場“ムーランルージュ新宿座”の歴史を振り返るドキュメンタリー。“歌ありコントありトークありのバラエティ”という言葉を生み、有島一郎、森繁久弥、由利徹といった名優を輩出した劇場の歩みを、関係者の証言と舞台の再現映像で辿る。同劇場出身の三崎千恵子(「男はつらいよ」)も出演。
  • トイ・ストーリー2 3D版

    おもちゃたちの冒険と友情を描いたフルCGアニメの続編の3D版。監督は前作に続き「バグズ・ライフ」のジョン・ラセター。脚本は「バグズ・ライフ」のアンドリュー・スタントンと「ムーラン」のリタ・シャオ、ダグ・チェンバリン&クリス・ウェブ。音楽は「カラー・オブ・ハート」のランディ・ニューマン。声の出演は前作に続きトム・ハンクス、ティム・アレンほか。
  • トイ・ストーリー2

    おもちゃたちの冒険と友情を描いたフルCGアニメの続編。監督は前作に続き「バグズ・ライフ」のジョン・ラセター。脚本は「バグズ・ライフ」のアンドリュー・スタントンと「ムーラン」のリタ・シャオ、ダグ・チェンバリン&クリス・ウェブ。音楽は「カラー・オブ・ハート」のランディ・ニューマン。声の出演は前作に続きトム・ハンクス、ティム・アレンほか。
  • 黒い雨

    原爆による黒い雨を浴びたために人生を狂わせられてしまった女性と、それを暖かく見守る叔父夫婦とのふれあいを描く。井伏鱒二原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「女衒」の今村昌平、共同脚本は「ジャズ大名」の石堂淑朗、撮影は「危険な女たち」の川又昂がそれそれ担当。
  • TOMORROW 明日

    1945年8月8日、長崎に原爆が投下される前日から翌朝までの日常風景を描く。井上光晴原作の小説『明日・1945年8月8日・長崎』の映画化で、脚本は黒木和雄と井上正子、「危険な女たち」の竹内銃一郎が共同で執筆。監督は「泪橋」の黒木、撮影は「アラカルト・カンパニー」の鈴木達夫がそれぞれ担当。
  • 星の牧場

    記憶を失った青年とジプシーたちの心の交流を描いたメルヘン。庄野英二原作の同名小説の映画化で、監督は脚本も執筆した「風立ちぬ(1976)」の若杉光夫、撮影は「新・喜びも悲しみも幾歳月」の岡崎宏三がそれぞれ担当。