鳥山明 トリヤマアキラ

鳥山明の関連作品 / Related Work

作品情報を見る

  • ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー

    人気TVアニメ『ドラゴンボール超』続編となる劇場版。力の大会後の平和な地球で、さらなる高みを目指して修行に明け暮れていた悟空とベジータの前に、見たことがないサイヤ人ブロリーが現れる。地獄から舞い戻ったフリーザも巻き込み、壮絶な闘いが始まる。声の出演は、TV版に引き続き、野沢雅子、堀川りょう、中尾隆聖、「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」の島田敏。
  • ドラゴンボールZ 復活の「F」

    1984年~1995年の11年間『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、熱狂的な人気を誇った漫画『ドラゴンボール』。世代や国境を超え今なお広く親しまれている同シリーズの劇場版第19作目。前作「神と神」の続編にあたり、復活を遂げ復讐を目論む悪の帝王フリーザと孫悟空たちとの死闘を、原作者の鳥山明が自ら脚本やキャラクターデザインを手がけ描く。監督は『ドラゴンボールGT』や『墓場鬼太郎』の総作画監督を務めた山室直儀。本作が初監督作品となる。『ゲゲゲの鬼太郎』の野沢雅子、『それいけ! アンパンマン』の中尾隆聖、「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY」の山寺宏一らが声の出演をしている。2D/3D同時公開。
  • ドラゴンボールZ 神と神

    1984年~1995年の11年間『週刊少年ジャンプ』(集英社)に連載され、熱狂的な人気を誇った漫画『ドラゴンボール』。コミックスやアニメがリアルタイム世代だけでなくその下の世代、さらに世界的に今なお人気が広がっている伝説の漫画が、原作者の鳥山明が原作・ストーリー・キャラクターデザインを手がける完全オリジナルストーリーで映画化。魔人ブウとの死闘から数年後に繰り広げられる、破壊の神ビルスと悟空たちとの戦いを描く。監督は『デジモン』シリーズや『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』シリーズなどの演出を手がける細田雅弘。本作が初監督作品となる。「ゲゲゲの鬼太郎」の野沢雅子、「攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY」の山寺宏一らが声の出演をしている。
  • DRAGONBALL EVOLUTION

    世界的に人気を集める鳥山明原作のマンガ『ドラゴンボール』を、オリジナル・ストーリーと最新VFXで初実写化。世界征服を企むピッコロ大魔王に立ち向かう孫悟空の活躍を描く。監督は「ザ・ワン」のジェームズ・ワン。出演は、「宇宙戦争」のジャスティン・チャットウィン、「オペラ座の怪人」のエミィ・ロッサム。
  • Dr.SLUMP.Dr.マシリト アバレちゃん

    鳥山明原作による人気アニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」を、劇場版ワンピース第8弾の併映作品として製作した短編アニメーション。
  • ドクタースランプ Dr.SLUMP アラレのびっくりバーン

    不思議の世界を舞台に、アラレとその仲間たちが大怪盗を相手に大暴れするジュブナイル・ギャグ・アニメーション。監督は「たまごっち ホントのはなし」の山内重保。鳥山明による原作コミックを基に、「たまごっち ホントのはなし」成田良美が脚本を執筆。撮影を「金田一少年の事件簿」の福井政利が担当している。声の出演に「ザ★ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?」の川田妙子。尚、本作は「'99春東映アニメフェア」の中で公開された。
  • ドラゴンボール 最強への道

    7つ集めれば何でも願いが叶うという伝説のドラゴンボールを探す少年・悟空たちの冒険を描いた長編アニメーション。東映アニメフェアの顔として10年もの間、人気を集めてきたヒット・シリーズの第17作で、これが最終作となった。原作は鳥山明の同名コミック。監督は「DRAGON BALL Z 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」の山内重保。“'96春東映アニメフェア”の中の1本。シリーズ10周年記念作品。
  • ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる

    伝説の勇者とその体に封印された怪物を巡って、悟空たちの活躍を描くアクション・アニメーションのシリーズ第16弾。“95夏東映アニメフェア”の中の一本。監督は山内重保に代わって、橋本光夫が登板。劇場用オリジナル。
  • ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!! 悟空とベジータ

    死後の世界で大暴れするジャネンバと、孫悟空はじめおなじみのメンバーの戦いを描くシリーズ第15弾。“'95春東映アニメフェア”の一本で、劇場用オリジナル。監督は「DRAGON BALL Z 危険なふたり!超戦士はねむれない」の山内重保。
  • Dr.スランプアラレちゃん んちゃ!! わくわくハートの夏休み

    幽霊古城で夏休みを過ごすことになったアラレたちの大騒動を描く。「ブイジャンプ」(集英社・刊)に連載中の鳥山明の同名漫画が原作の人気アニメ・シリーズの劇場オリジナル作。監督は橋本光夫、原案は小山高生、脚本は松井亜弥が担当。「94夏東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ

    バイオ戦士になって蘇った最強の敵ブロリーと孫悟天たちとの戦いを描くアニメ。「週刊少年ジャンプ」(集英社・刊)に連載中の鳥山明の同名漫画が原作の人気アニメ・シリーズの劇場オリジナル第14作。監督は上田芳裕、脚本は小山高生が担当。「94夏東映アニメフェア」の1本として公開。
  • Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!!助けたサメに連れられて…

    海底王国に招かれたアラレちゃんたちの大騒ぎを描くアニメ。『Vジャンプ』(集英社・刊)に連載中の鳥山明原作の同名漫画の映画化で、監督は前作「Dr.スランプアラレちゃん んちゃ! ペンギン村より愛をこめて」の橋本光夫、脚本も同じく松井亜弥が担当。″94春東映アニメフェア″の一作として公開。
  • ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない

    蘇った伝説の超サイヤ人・ブロリーと孫悟飯たちとの戦いを描く人気アニメの映画化シリーズ第13作。「週刊少年ジャンプ」(集英社・刊)に連載中の鳥山明の同名漫画を原作に、山内重保が監督。脚本は前作に続き小山高生が担当。″94春東映アニメフェア″の一作として公開。
  • Dr.スランプアラレちゃん んちゃ!ペンギン村より愛をこめて

    一度も笑ったことのないお姫様を笑わせようとするアラレたちの活躍を描くアニメ。鳥山明原作の人気漫画の映画化で、“93夏東映アニメフェア”の一本。監督は橋本光夫。脚本は前作「Dr.スランプアラレちゃん んちゃ! ペンギン村はハレのち晴れ」の松井亜弥が担当。
  • ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

    天下一大武道大会に出場した悟飯たちが、地球征服を狙う一味と戦う姿を描くアニメ。鳥山明原作による『ドラゴンボールZ』シリーズの映画化第十二作で、“39夏東映アニメフェア”の一本として公開。監督は上田芳裕。脚本は前作「DRAGON BALL Z 燃えつきろ!! 熱戦・烈戦・超激戦」の小山高生が担当。
  • Dr.スランプアラレちゃん んちゃ!ペンギン村はハレのち晴れ

    天才博士・則巻千兵衛によって作られたアンドロイド・則巻アラレと怪獣親子の戦いをコミカルに描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化で、監督は貝澤幸男、脚本は松井亜弥が担当。
  • ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦

    新惑星ベジータを脅かすという伝説の超サイヤ人の謎と、悟空たちの戦いを描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第十一作で、監督は山内重保、脚本は前作に続き小山高生。九〇年夏の『鳥山明THE WORLD』の第二弾として、「Dr.スランプアラレちゃん んちゃ! ペンギン村はハレのち晴れ」と二本立てで公開。
  • ドラゴンボールZ 極限バトル 三大超サイヤ人

    孫悟空とドクター・ゲロが残した超人造人間との戦いを描くアニメ。鳥山明原作の同名コミックの映画化第10弾で、脚本は前作と同じく小山高生が担当。監督は「まじかるタルるートくん」の菊地一仁。作画監督は前作同様前田実が担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち

    よみがえった悪の戦士メタル・クウラと死闘を繰り広げる孫悟空の活躍を描いたアニメ。鳥山明原作の同名コミックの映画化第9弾で、脚本は前作と同じく小山高生が執筆。監督は第6作「DRAGON BALL Z 地球まるごと超決戦」の西尾大介。作画監督は前作と同じく前田実がそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強

    かつて父を倒したフリーザの兄クウラと対決する孫悟空の活躍を描くアニメ。鳥山明原作の同名コミックの映画化第8弾で、脚本は前作「DRAGON BALL Z 超サイヤ人だ孫悟空」の小山高生が執筆。監督は同作の橋本光夫。作画監督は同作の前田実かそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空

    全宇宙支配を企む超ナメック星人と対決する孫悟空たちの活躍を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第七弾で、脚本は前作に引き続き小山高生が執筆。監督は橋本光夫。作画監督は中鶴勝祥と佐藤正樹が共同でそれぞれ担当。「東映アニメフェア」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦

    宇宙の伝説の神木“神精樹”をめぐって、悟空とサイヤ人ターレスとの決戦を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第6弾で、脚本は前作「DRAGON BALL Z この世で一番強いヤツ」の小山高生が執筆。監督は同作の西尾大介、作画監督は同作の前田実がそれぞれ担当。「東映アニメフェア'90夏 鳥山明 THE WORLD」の1本として公開。
  • Pink みずドロボウあめドロボウ

    可愛くてチョッピリおてんばな女の子の水ドロボウの奮闘をコミカルに描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化で脚本は松井亜弥が執筆。監督・作画監督は芦田豊雄がそれぞれ担当。「東映アニメフェア'90夏 鳥山明 THE WORLD」の1本として公開。
  • 剣之介さま

    腕はたつが女の子にはからきし弱い少年剣士の“デートの心得”を教えてもらう一日をほのぼのと描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化で、脚本は戸田博史が執筆。監督は岡崎稔。作画監督は中鶴勝祥がそれぞれ担当。「東映アニメフェア'90夏 鳥山明 THE WORLD」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ

    強敵Dr.ウィローと対決する悟空と悟飯親子の活躍を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第5作目で、脚本は小山高生が執筆、監督は西尾大介、作画監督は前田実がそれぞれ担当。「東映アニメまつり」の1本として公開。
  • ドラゴンボールZ(1989)

    ドラゴンボールを巡って宿敵ガーリックJrと対決する悟空の姿を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化第4弾。脚本は小山高生、監督は一、二作の西尾大介がそれぞれ担当。主題歌は、影山ヒロノブ(「チャラ・ヘッチャラ」)。「東映まんがまつり」の1本として公開。ビデオタイトルは「オラの悟飯をかえせッ!!」。
  • ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険

    なんでも願いがかなうというドラゴンボールをめぐって争う悟空と鶴仙人一味とボラの姿を描くアニメ。鳥山明原作の同名漫画の映画化で、脚本は由木義文が執筆。監督は「Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!夢の都メカポリス」の竹之内和久がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。
  • ドラゴンボール 魔神城のねむり姫

    謎の“ねむり姫”をめぐる孫悟空の活躍を描くTVアニメの劇場版第二作目。原作は鳥山明、脚本は「Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!夢の都メカポリス」の照井啓司、監督は「DRAGON BALL ドラゴンボール」の西尾大介がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。
  • ドラゴンボール

    孫悟空とその仲間が、ドラゴンボールをめぐって活躍する冒険を描いた鳥山明原作の劇場版アニメ。脚本は「Dr.SLUMP ドクタースランプ」の井上敏樹、監督は西尾大介がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。ビデオタイトル「ドラゴンボール 神龍の伝説」。
  • Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!夢の都メカポリス

    映画で見た「メカポリス」という、夢を叶えてくれる都に憧れるアラレちゃんたちの姿を描いたTVアニメの劇場版第四作目。原作は「週刊少年ジャンプ」に連載された鳥山明の同名漫画。脚本は島田満、由木義文、照井啓司の共同執筆。演出は芦田豊雄がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。
  • Dr.スランプアラレちゃん ほよよ!ナナバ城の秘宝

    ロボットのアラレちゃんが中心になって巻き起こす騒動を描いたTVアニメの劇場版。原作は鳥山明が『週刊少年ジャンプ』に連載された同名漫画。脚本は島田満と由木義文、監督は芝田浩樹がそれぞれ担当。「東映まんがまつり」の1本として公開。
  • ゴジラ(1984)

    火山の爆発で出現した怪獣ゴジラの大破壊と、それに対する人間の行動を描く。田中友幸の原案に基づき永原秀一が脚色。監督は「さよならジュピター」の橋本幸治、特技監督は「日本海大海戦 海ゆかば」の中野昭慶、撮影は「さよならジュピター」の原一民がそれぞれ担当。
  • Dr.スランプアラレちゃん ほよよ世界一周大レース

    週刊少年ジャンプ連載の鳥山明の同名漫画のアニメ化の第三弾。脚本は同シリーズの井上敏樹、作画は前田実が担当している。
  • Dr.SLUMP ドクタースランプ

    『週刊少年ジャンプ』に連載されている鳥山明の同名漫画を映画化したもの。監督は永丘昭典、脚本は雪室俊一、金春智子、井上敏樹、島田満の共同。撮影監督は白井久男と佐野禎史がそれぞれ担当している。
  • Dr.スランプアラレちゃん ハロー!不思議島の巻

    発明の天才・則巻センベエ、またの名をDr.スランプがアラレちゃんという人間型ロボットを創りだしたことから繰り広げる騒動を描く。『少年ジャンプ』に連載中の鳥山明の原作のアニメ化で、脚本は井上敏樹、作画監督は湖川滋がそれぞれ担当。